スポーツ

伊藤みどりのシェヘラザード その2

以前、「伊藤みどりのシェヘラザード」の記事を書いたことがありますが、
1989年のNHK杯のもの。
このブログでも、けっこうアクセスしていただいてるの記事なんです。

今日の動画は1990年の世界選手権です。、

今、真央ちゃんがSPで滑っているので、つい思い出してしまいます。

真央ちゃんのシェヘラザードは、かわいくて可憐な感じがよく出てますね。
いっぽう、みどりちゃんのはスピードとパワー。

この演技に新採点方式で点をつけたら、いったい何点でるのでしょうか?

すべてのジャンプに加点がつくでしょうし、ミスらしいミスはトリプルサルコウが
ダブルになったくらい。

テクニカルメリット(技術点)では、3人のジャッジが6.0をつけてます。

今の採点方式だったら、もしかしてPCSは下げられるのでしょうかねwobbly

でも、いくらジャッジが天野さんだとしても、みどりちゃんのジャンプには
回転不足つけられないだろーconfident

6種類のトリプルが跳べるのは、今では真央ちゃんくらいのものでしょう。

あれから20年以上たってるのです。
みどりちゃんの技術がどれだけ凄かったか、つくづく感じさせられますdiamond

ちなみに、この年のSPがまたまた私は好きなのです。
ご覧くださいませ。

得点が出る時にジャッジの国名が表示されるのがいいですね。
やっぱり匿名ジャッジというのは廃止しなければ!

伊藤みどりさんの本がオススメ(再アップ)

伊藤みどり トリプルアクセルの先へ   野口美惠 著

Midoriito_2

http://www.amazon.co.jp/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A-%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%85%88%E3%81%B8-%E9%87%8E%E5%8F%A3-%E7%BE%8E%E6%81%B5/dp/4072803472/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1325810521&sr=1-1

世界女子で初めてトリプルアクセルを跳んだ伊藤みどり。
現役時代を知る私には、昨年、ISU公認のアダルトスケーターとして
氷上に戻ってきてくれた姿には、本当に感動しました。

日本では、フィギュアスケートの殿堂入りまでした彼女の偉業を
もっと評価してもいいはす。
日本よりも海外では、ミドリ・イトウの名は世界では3大スケーターに
数えられるほどなのです。

でも、スポーツ選手の現役引退は若い時にやってきます。
その後、どうしていくのかの葛藤は、伊藤みどりにもやってきました。

孤独と葛藤、アイスショー引退後の彼女の苦悩、そして「セカンドキャリア」と
いう言葉には1人の女性としての姿に、多くの人の共感を得るのではないでしょうか。

そして新しい道を見いだし、フィギュアスケートを「観る」から「する」へと
導く伝道師として動き出した伊藤みどり。

あまり触れられることのない、引退後のスポーツ選手の葛藤、そして新しい世界へと
動き出した姿に、感動を与えてくれる本です。

(追記)マツコ・デラックスさんが、みどりちゃんの大ファンですよね。
「みどりは、もっともっと評価されないといけない」とか
番組内でおっしゃったとか。

私も同感ですsign01

がんばれ織田くん

フィギュアスケートの織田信成選手の怪我がまだ治っていなかったようです。

私は織田くんのファン。(バンクーバーシーズンの頃から)

中国大会では表彰台に上がったものの、フランス大会の時には
痛々しい姿でした。でも、転んでも転んでも立ち上がり、
最後まで演技を終えた姿には感動しました。

春に痛めていた膝がまだ治ってなかったとのこと。

とても心配です。

彼のジャンプには、いつも魅了されていて、昨年のグランプリ
ファイナルの時の4回転ー3回転には見とれてしまいました。

世界選手権の時には、2位という好位置でSPにつけてメダル
目前だったところ、フリーでザヤックルールにひっかかってしまった
織田くん。

でも、新しい家族(妻と息子さん)には癒しをもらっているようで、
励みになってくれているのは良かったですよね。

そこへきて今度の膝の怪我。

優しい性格の彼のこと、メンタル面でアスリートとして成長する為の
試練なのかもしれません。

全日本選手権をもし欠場すれば、私にとっては今シーズンの楽しみは
終わったようなものですcoldsweats02

でも無理はしないほうがいいでしょう。

本人もソチ五輪を現役としての最終目標にしているという
コメントを読みましたから、来シーズンで復活してほしい!

今は痛めてしまった膝をじっくり治して、そしてまたあの
素晴らしいジャンプを見せてほしいです。

今シーズンのプログラムは、新しい試みで、なかなかいいんじゃないかな、
と思っていました。

だから、復活を楽しみにしています。

がんばれ、織田くん!

NHK杯を観戦する方へ

FPUからのお願いです。

NHK杯を観戦される方、

Fpu001_2

このバナーを掲げてほしいのです。

A3サイズで、セブンイレブンのネットプリントで20円で
購入できるそうです。

詳しい方法は、

ときどき黒猫さんのブログで。

このバナーがテレビに映るかもしれません。

世界にもアピールできるかもしれません。

FPUの文字が入っていますが、それが不要な方は
その部分だけ切ったり折ったりしてもかまいません。

どうかご協力をお願いします!

フィギュアスケート中国杯終了!

男子シングル若手2人が上位にくるかと思いましたが、
結果はベテラン勢が貫禄を見せたというところ。

織田選手、2位に入賞!銀メダルおめでとう!

膝を痛めて心配していたオフでしたが、
4回転を回避したものの自分の実力を出しての2位でした。

女子もベテラン、カロリーナ・コストナーでしたね。

未来ちゃんとどちら?と思いましたが、面白い戦いでした。

佳菜子ちゃんは今回、固くなっていた印象でした。

シニア2年目の壁?でも、のびのび滑ってほしいです。

さて、NHK杯はいよいよ真央ちゃん登場ですね。
どんな演技を見せてくれるのでしょう。

楽しみにしてます!!

フィギュアスケート審判の驚くべき発言(拡散希望)

FPU(フィギュアスケート保護連合)が英訳した動画です。

2011年世界選手権前に韓国でのインタビュー動画なのですが、
はっきりとキム・ヨナ選手に加点を与え、浅田選手はライバルではない、
と言い切っています。

こんな事を審判が公言していいのでしょうか!?

この動画の日本語訳はFPU会員のメンバーさんがUPしてくださいました。

http://momolunafever.blog64.fc2.com/blog-entry-671.html

上のYou Tube動画はFPU会員以外でも自由に使えます。

ぜひ、ご覧になって、どうかこの事実を海外にも伝えてほしいと思います。

伊藤みどり アダルトフィギュア選手権 追加動画です

動画を追加しました。

このアングルからの動画が一番、表情がわかるのと
キス&クライの様子がとってもいいですよね。

伊藤みどりさんの最新演技

動画、さっそくあがってました。
もう~、なんだか感動してウルウルしてしまいました。

現役選手よりも高い2アクセル、健在だったY字スピンに、イーグルからの
ループジャンプ、シットスピン・・・

曲がまたいいです。
辻井伸行さんの「川のささやき」。

みどりちゃんの滑りにぴったりです。

エレメンツが少ないので2位でしたが、みどりさん本人も言っていたように
「順位よりも質のいい滑りをしたい」という意向なのでしょうね。

確かにPCSは、2位のみどりちゃんの方が高いです。

それにしても、さすが、すごい歓声にスタオペ。

こんなに愛されるスケーターが日本にいてなんだか鼻が高いです。

伊藤みどりさんが国際アダルトフィギュアスケート選手権出場!

http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20110524-780643.html

1992年アルベールビル冬季五輪のフィギュアスケート女子の銀メダリスト、伊藤みどりさん(41)が24日、元選手や愛好家を対象とした国際スケート連盟(ISU)公認の国際アダルト選手権(6月8~11日・ドイツ)に出場する意向を明らかにした。

 同選手権の出場資格はことし6月30日の時点で28歳以上。伊藤さんは元選手による「マスターズ・エリート」の30代後半から50代後半までの部門にエントリーした。

 伊藤さんは96年に第一線を退くまでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器に活躍した。2001年にはプロとアマチュアで競う国際大会に出場している。

(ニッカンスポーツより)


すごいですsign01

あの、みどりちゃんが、ISU公認の国際大会に復帰してくれます。

1昨年はプリンスアイスワールドに復帰し、この春にはテレビで
みごとなダブルアクセルを見せてくれました。

すっごく感動しました。

だって現役の選手よりもダブルアクセルの高さが高いんだもの。

と、思ってたら、ついに国際大会に。

で、新採点システムで採点されるそうですよ。


どこかで放送してくれないかな~~?

動画だけでも今のみどりちゃんの演技を見てみたいです!


フィギュアスケートと男女共同参画

音楽のことはよく記事に書いていますが、私は男女共同参画を
推進していている者でもあります。

性別役割分業をなくし、ジェンダーによる差別をなくし、
選択的夫婦別姓実現に向けても意見を言っていきたいと
思っています。

ところが、男女共同参画という言葉を検索すると、なぜか反男女
共同参画のサイトやブログがひっかかるんですね。

皮肉なものです。
なぜ、あんなに感情的に否定するのかなあ?

だいたいにおいて女性施策に反対する人は感情的に
反対しています。

でも、これは女性の人権問題(裏返せば男性の人権問題)
に関わることなので、根気よく息長く続けていきたいです。

今年の終わり頃には、また男女共同参画と音楽のコラボを
したいと計画中。

セミナー講師をお呼びして講義をした後、yuppiの音楽で
くつろいでもらおうという試みです。

今年は、男女共同参画センターの1室を借りたいなあと
考え中です。

これはライフワークなので、毎年やっていけたらいいなあ。

また、それとは別にフィギュアスケートの採点問題を
何とかしたいと「FPU」に入っています。

この活動と、フィギュアの採点問題の活動とは矛盾しないと
私は思っているのですが・・・

競技としての最近のフィギュアスケートはもう終わってしまってます。

大会前から誰が勝つかが決まっているなんて、そんな面白くない
話があるでしょうか。

昔のフィギュアは良かった・・・と、つくづく思いますが、
このままでは納得がいきません。

ただ、私は純粋にフィギュアスケートというスポーツを
楽しみたいのです。

ところが、その採点問題を口にする人の一部は、
男女共同参画や民主党政権に批判的な人がなぜか多い・・・

私は民主党支持者ではありませんが、不支持という訳でも
ありません。
保守的な政党よりはましだと思ってます。

そのあたりが、フィギュア問題と絡んでくるのが不思議な
ところでもあるのですが、それとは別物と考えたいです。

これからも、男女共同参画を推進していくことには変わりない、
音楽を続けていくことにも変わりない、ということは確かです。

と、ともにフィギュアスケートも純粋な競技として楽しみたい、
というのが正直な思いです。

*FPUは、理念を大切にしている団体なので、政治や宗教の考えを
強要することはありません。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ