女性問題・男性問題

育休3年案に思うこと

あの後、男女共同参画セミナー&ハートフルコンサートは
無事に終わりました。

有意義な時間を過ごせてうれしく思っています。

さて今日はちょっと思うことのつぶやきです。

------------------------------------------------
安倍首相が打ち出した「育児休暇を3年へ」案。

「3年抱っこし放題」だとか言っているけど、私はちょっと違うと思う。

実際の話、育休をとって復帰した美容師さんに聞いてみても
「3年も休んだら仕事復帰できないと思う。」ということだった。

「この1年だと思うから育児を楽しめた」とも言っていた。

私も、3年も育児休暇をとらせてくれる会社があるのかどうか・・・
3年休んで自分の居場所があるのかどうか?

保育所の問題もあると思うし、何よりも首相の頭の中に
「3歳までは母親が育てるべき」という考えがあるように
思えてしかたない。

つまり「3歳児神話」の復活に繋がるのでは?と心配している。

少子化の原因は、子どもを産んでも働き続けることが難しいこと、
男性の働きすぎなどが原因なんじゃないの?

1年育児休暇をとっても女性が昇進できなかったり・・という問題が
まだ残っているというのに、逆効果ではないのか?

男性の働きすぎと、男性も育児休暇を取れるように経済界に
はたらきかけるのが本来では?

私の体験では、保育所に入れたいと思ったけど、働いていないと
入所できない(優先順位の問題)、でも働くには子どもを預かって
くれる所が必要、という矛盾で、保育所入所を1年待ち、募集定員が
増える3歳から入所した。

でも、その3歳になるまでの間、社会から切り離されたような孤独感、
早く働きたいという思いに苛まれた。

そして自分の時間が欲しかった。

保育所に入所してからも、子育てと仕事の両立の大変さに
二人目を諦めた。

二人目を諦めた途端に、「一人っこじゃ可愛そうよ」「二人目は?」
など挨拶がわりのように言われ続けた。

「夫婦と子ども2人」が標準になっていること、子育ては女の仕事と
なっていることが非常に苦痛だった。

それを考えると、安倍首相の少子化解消案は逆行していると
言えないのかな。

もっと多様な生き方、多様な働き方、多様な家族のあり方を
認めず、伝統的な家族を描いている安部さんの意識が
透けてみえる。
-----------------------------------------------------------

政治の話になると堅苦しくなるので、あまり書きたくないのですが、
橋下さんの発言といい、安倍首相の憲法改正案といい、21世紀に
逆行していると思うことが多すぎる、なんて色々と思うこの頃です。

パブリックコメントご協力のお願い

大阪の橋下市長の考えそうなことですねsweat02

大阪市の男女共同参画センター「クレオ大阪」5館を廃止する案を
出しているそうです。

男女共同参画センターは人権問題を取り扱う所です。

いまだに女性への暴力は後を絶ちません。
女性相談は特に必要でしょう。

5館もいらないんじゃないかと思われるかもしれませんが、
大阪市の人口を考えると、それくらいあってもいいと思います。

廃止を止める為にもパブリックコメントを募集していますので
どうぞどうぞ、ご協力をお願いいたしますm(_ _)m

私は大阪市民ではありませんが、男女共同参画のあり方まで改革案が
出されていると聞いて、黙っている訳にはいきませんでした。

メールでも送れます。

以下、メールマガジンのコピーです。
====================================================================

いつもクレオ大阪をご利用いただきありがとうございます。大阪市の市政改
革につきましてはすでに報道等でご存知のことと思いますが、昨日、(素案)
が公表され、その案に対する市民の皆様のご意見をお聞きするパブリックコメ
ントの実施が開始されました。

 その案の中にクレオ大阪(男女共同参画センター)の5館の廃止、男女共同
参画の在り方についても改革の方向性が示されています。

 内容にお目通しいただき、多数のご意見等を「パブリックコメント」として
5月29日(火)までに、大阪市宛てお出しいただければ幸いです。

 なお市政改革プラン策定に向けた考え方、これまでの取組、昨日公表された
素案の内容、パブリックコメントの応募期間、方法等について詳しくは下記ホ
ームページでご覧いただけます。

大阪市ホームページ → 市政 → 市政改革 →
市政改革プラン-新しい住民自
治の実現に向けて →
市政改革プラン(素案)の策定及びパブリックコメント
の実施について

 ▽(素案)の内容及びパブリックコメントの詳細はこちら
 http://www.city.osaka.lg.jp/shiseikaikakushitsu/page/0000166819.html"

これが日本の女子の実態ですか

気配り上手? 料理上手? 「女らしいと思う人の共通点」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1955495&media_id=60

これ、すべて「ジェンダー」というのですけど?

 ●第1位/「気配り上手」……70.7%
 ○第2位/「常に笑顔」……41.3%
 ●第3位/「料理が得意」……34.4%
 ○第4位/「いつもやさしい」……32.6%
 ●第5位/「洋服がフェミニン」……19.8%
 ○第6位/「子どもが好き」……13.5%
 ●第7位/「共感力がある」……13.2%
 ○第8位/「控えめな性格」……10.8%
 ●第9位/「怒りっぽくない」……10.2%
 ○第10位/「おしゃべりが上手」……7.5%
※複数回答式・第11位以下は略。

※『escala cafe』にて2012年2月にWebアンケート。有効回答数334件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。

これを真に受けて、若い女性がせっせと男性に好かれるように努力していると思うと同情しますな。

これ、すべてDVの温床になります。
女性への暴力の影には、ジェンダーが大きく影響してます。

私がこれに当てはまるものがあるとしたら、
「フェミニンな服が好き」なくらい。でも、それは、あくまで体型的に小柄だから好みだというだけの問題。
ふだんは、パンツスタイルです。

あとは、共感力があるかもしれませんが、それはべつに男性だって同じこと。
共感力がある男性、好きですね、私は。

料理も男性だって得意な人はいっぱいいます。

ちなみに自分は「料理はトラウマ」「子どもは苦手」「怒りっぽい」「気配り下手」「おしゃべり下手」。


『ランキングを見てみると、上位にランクインしたのは母性を感じさせるものばかり。母親のような大きな愛とやさしさを持った人が、女らしい人なんですね。女らしさを磨きたいあなたは、「理想の母親」をお手本にしてみてはいかが?(編集部/江藤)』


編集部の江藤さん、勘違いしないように。
母性は男性にもあります。
女性にも父性はあります。

こういう女性が好きな男は、私ならやめとくわ。
母親を求められたら、たまったものじゃない!
と、いうか、女性が「女らしさ」に縛られてると思うと、しんどいでしょうね~。

それとも、こういうのを「女性性」とでもいうのかしら?

「女らしさ」よりも「自分らしさが大事」と言える日は、いつ来るのでしょうかね。

3/24(土)トーク&ライブの御案内

3月24日(土)午後2時~3時30分
大阪府寝屋川市にある男女共同参画推進センター  ふらっと ねやがわ

トーク&ライブ「~好きなことを仕事にするということ~」

まだ募集中です!(定員になり次第、締め切り)

内容は「子どもの頃にやめてしまったピアノ。
結婚後、出産後も諦めずに続けてきたこと、どうやって今の
スタイルを確立したのかどうか、また、女性だからこそ苦労した
ことなどの話と演奏」

が主なのですが、どんな立場にある人も、シングルも子どもを持たない人にも、
共通する女性の生きづらさを伝えたいと思っています。
私がパート労働で働きながら音楽を続けてきたことなども話す予定です。
もちろん、男性も大歓迎です。

申し込み・お問い合わせは「ふらっと ねやがわ」へ。

電話:072-832-5580 FAX:072-802-8350
Email:flat@office.city.neyagawa.osaka.jp 

開所時間:午前9時~午後9時(日曜日・祝日は午後5時30分まで)

休所日:第2日曜日・年末年始

お近くの方、興味のある方は、ぜひぜひお越しください('-^*)/

フィギュアスケートと男女共同参画

音楽のことはよく記事に書いていますが、私は男女共同参画を
推進していている者でもあります。

性別役割分業をなくし、ジェンダーによる差別をなくし、
選択的夫婦別姓実現に向けても意見を言っていきたいと
思っています。

ところが、男女共同参画という言葉を検索すると、なぜか反男女
共同参画のサイトやブログがひっかかるんですね。

皮肉なものです。
なぜ、あんなに感情的に否定するのかなあ?

だいたいにおいて女性施策に反対する人は感情的に
反対しています。

でも、これは女性の人権問題(裏返せば男性の人権問題)
に関わることなので、根気よく息長く続けていきたいです。

今年の終わり頃には、また男女共同参画と音楽のコラボを
したいと計画中。

セミナー講師をお呼びして講義をした後、yuppiの音楽で
くつろいでもらおうという試みです。

今年は、男女共同参画センターの1室を借りたいなあと
考え中です。

これはライフワークなので、毎年やっていけたらいいなあ。

また、それとは別にフィギュアスケートの採点問題を
何とかしたいと「FPU」に入っています。

この活動と、フィギュアの採点問題の活動とは矛盾しないと
私は思っているのですが・・・

競技としての最近のフィギュアスケートはもう終わってしまってます。

大会前から誰が勝つかが決まっているなんて、そんな面白くない
話があるでしょうか。

昔のフィギュアは良かった・・・と、つくづく思いますが、
このままでは納得がいきません。

ただ、私は純粋にフィギュアスケートというスポーツを
楽しみたいのです。

ところが、その採点問題を口にする人の一部は、
男女共同参画や民主党政権に批判的な人がなぜか多い・・・

私は民主党支持者ではありませんが、不支持という訳でも
ありません。
保守的な政党よりはましだと思ってます。

そのあたりが、フィギュア問題と絡んでくるのが不思議な
ところでもあるのですが、それとは別物と考えたいです。

これからも、男女共同参画を推進していくことには変わりない、
音楽を続けていくことにも変わりない、ということは確かです。

と、ともにフィギュアスケートも純粋な競技として楽しみたい、
というのが正直な思いです。

*FPUは、理念を大切にしている団体なので、政治や宗教の考えを
強要することはありません。

パープルダイヤル

ドメスティック・バイオレンス(DV)に関しての相談電話、
「パープルダイヤル」が開設されています。

ここで少しドメスティック・バイオレンス(DV)について記述して
おきたいと思います。

「ドメスティック・バイオレンス」(domestic violence、以下DVと記述)とは、
同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことである。
近年ではDVの概念は同居の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に
起こる暴力全般を指す場合もある。(ウィキペディアより)

***暴力の種類とサイクル*****
殴る・蹴る・首を絞めるなど「身体的暴力」
人格を否定する、罵る、など「精神的暴力」
避妊に協力しない、無理にセックスを強要するなど「性的暴力」
給料を渡さない、経済的に困らせるなど「経済的暴力」
行動を制限する、など「社会的暴力」

などがあります。

DVのサイクルとは
 穏やかな「ハネムーン期」soonじょじょに緊張が高まってくる
「緊張形成期」soon暴力が爆発する「爆発期」soon
爆発させた後にまた穏やかになる「ハネムーン期」

これを繰り返し、じょじょに、このサイクルは短くなっていきます。

**DVは「親密な相手からの執拗なコントロール」
相手を支配し思い通りにコントロールするために加害者がとる
手段が暴力なのです。
身体的暴力だけではなく精神的暴力や経済的暴力を手段にして
相手の体を傷つけずにコントロールする加害者も実はとても多いのです。
支配・被支配の関係は周りの人からは分かりにくく、当事者間で空気の
ように漂っているものです。

(傷ついたあなたへ ~わたしがわたしを大切にするといういこと~
 (レジリエンス著)より**

DVは夫婦げんかではありません。
この著書のように「支配とコントロール」だと言われています。

夫婦げんか=対等な関係でおこり、その後、話し合いで解決できるもの
DV   =権力を握る側(社会的・経済的などで上に立つ側)が相手を
      コントロールし、話し合いでの解決は難しい

DVを受けると、「この関係からは離れられない」といった
学習的無力感を感じたり、自尊心が下がり、自分は価値の
ない人間だと感じたり、ストレスから心身状態に影響が出る
こともあります。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症することも。

DVは犯罪であり、重大な人権侵害であり、決して許されるものでは
ありません。
が、親密な関係で起こるため、非常に見えにくく、社会全体で
「暴力を許さない」という意識を共有することが大事だと思います。

DVで悩んでいる人は、各都道府県や市町村の男女共同参画センターや、
配偶者暴力相談支援センターで相談を受け付けています。

3月27日(日)まで、パープルダイヤル で電話相談ができますsign01

もしも、親しい人が(これを読んでいるあなたが)DVで悩んでいたら
「被害を受けたあなたに責任はない」
と伝えて、相談機関を教えてあげてください。

ちょっと切ない思い出

私は娘に「女だから」とか「女なのに」という台詞を1度も言ったことがありません。

それは、自分の体験からくるところが大きいんです。

小学校5年生くらいの時にピアノをやめてしまった後、やっぱり習いたくなって
母にお願いしてみました。

あまりに私が言うので母が、友達が通っていた教室に問い合わせてくれたのは
良かったのですが、いっしょに通おうと思っていた友達がやめてしまい、その話は
お流れになってしまいました。

かなり、がっかりしたのを今でも覚えています。

母としては、(それまでオルガンを弾いていたので)ピアノを買うことに抵抗が
あったのだと思います。

(オルガン教室のカリキュラムが終わり、ピアノへ進む段階でしたが家にはピアノが
なかったので、オルガンで練習、教室ではピアノを弾いていました)

高いピアノを買ってもしやめてしまったら?という思いもあったと思いますが、
当時は電子ピアノなどもなかったので、確かに高価な買い物には違いなかったと
思います。

それでも私は、中学になってからもやはりピアノを習っている子がうらやましくて
しかたなかったのです。

そんな母は私に言いました。

「ピアノを習ってどうするの? ピアニストにでもなるの?」

ピアニストになるとかそんなことを、まだ当時思うべくもなく、ただ好きだと
いうだけだった私。

昭和一桁生まれの両親。高度成長期の中で育った兄と私。

母は兄にかなり期待をかけていて、兄には家庭教師をつけていました。

大人になってから思ったことですが、ちょっと不公平じゃない?って。

妹の私への期待は、「女の子らしく」なってほしかったこと。
将来の進路、女性のキャリアなどはあまり考えてなかったと思います。

まあフツーに勉強して、短大は行くか就職するかして、フツーに結婚して。

それが両親の思っていたことだったと思います。

兄には教育ママの母だったけど、私には「いい結婚」をしてほしかったようです。

フツーって何だろうな? いい結婚って何だろう?

というのは、大人になってから思ったことですが。

家のお手伝いも女の私にはうるさく言うけれど、兄にはあまり言わないので
「お兄ちゃんは、手伝わなくていいの?」と聞いた時の母の言葉です。

「何言うてんの。お兄ちゃんは、男やないの」

は?

男は手伝わなくていいのか・・・?

なんとも言葉にならなかったです。

もちろん、父はドーンと座って「お茶」というタイプ。

母はパートで働いていても、全部自分で家事をしていて「しんどくないのかな?」と
私は思ってました。

そんな両親ですが、今はもう高齢になっての2人暮らし。
母が腰を痛めていることもあり、父が主に家事をしています(笑)

慰安婦問題は、女性への最大の性暴力

戦争について考えていると、いろいろな問題にぶつかります。

戦争を許してはならないのは、人が人の心をなくすからです。

なかでも慰安婦問題は、戦争が生んだ女性への最大の暴力
でしょう。

慰安婦という呼び方よりも「性奴隷制度」と読んだほうが
的確だと思います。

アジア女性基金 がこの問題に取り組んできたようです。

こちらのサイトも、必見です。

本当に戦後補償は十分だったのか?
管首相の談話に一部の政党から批判があったようですが、
とんでもない話だと思います。

フェミカンのNPO総会へ行って来ました

昨年は懇親会でピアノ演奏させていただいた、NPO法人フェミニストカウンセリング神戸
の総会へ行って来ました。

ずっと女性の問題に関心を持ち、ボランティア活動をしていた友人が、今はそのNPOの
理事長として活躍しています。

女性の視点でのカウンセリングや、講師活動、女性への暴力防止の為の啓発など
さまざまな活動をしてらっしゃって、年々、活動が充実してきているようです。

なんだか会員となって応援している私も、神戸にこういったNPOがあることが
心強いし、古くからの友人が活躍しているのもうれしいです。

ここのホームページの更新を引き受けたり、昨年の総会では演奏させていただいたりと
良いおつきあいができている実感。

会員さん同士の懇親会などは、なんだか緊張してしまう私なのですが、
きょうはDVなどの相談に力を入れてらっしゃる女性弁護士さんとお話しして
名刺交換できたり、昨年、ご一緒したフリーアナウンサーさんとおしゃべりしながら
帰ったり、と充実した気持ちになれました。

こうした女性同士のゆるやかなネットワークが広がっていくといいな~と思いながら
帰路につきました。

帰りに地元の選挙にも行ってきてましたよ。
住んでいる土地のトップを決める選挙、しかも女性候補なのです。

無事、当選したようですsign01

緊急のお願い

★民法改正を求める声を募集しています

mネット 民法改正情報ネットワーク より

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

『選択的夫婦別姓制度や婚外子相続差別撤廃の民法改正は、
家族のきずなを壊すのではなく、多様な家族のあり方を認め、
新しいきずなを結ぶものであり、
「家庭生活における個人の尊厳と両性の本質的平等」を
定めた憲法24条にも合致するということ』をアピールしています。

緊急集会と民法改正への声を、mネットで募っています。

(HPでは「声」は、7月30日までとありますが、集会が6月1日の為、
5月30日までだと思います)

ぜひ、ご協力をお願いします。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ