« 新しい曲に挑戦 | トップページ | 伊藤みどりさんが国際アダルトフィギュアスケート選手権出場! »

フィギュアスケートと男女共同参画

音楽のことはよく記事に書いていますが、私は男女共同参画を
推進していている者でもあります。

性別役割分業をなくし、ジェンダーによる差別をなくし、
選択的夫婦別姓実現に向けても意見を言っていきたいと
思っています。

ところが、男女共同参画という言葉を検索すると、なぜか反男女
共同参画のサイトやブログがひっかかるんですね。

皮肉なものです。
なぜ、あんなに感情的に否定するのかなあ?

だいたいにおいて女性施策に反対する人は感情的に
反対しています。

でも、これは女性の人権問題(裏返せば男性の人権問題)
に関わることなので、根気よく息長く続けていきたいです。

今年の終わり頃には、また男女共同参画と音楽のコラボを
したいと計画中。

セミナー講師をお呼びして講義をした後、yuppiの音楽で
くつろいでもらおうという試みです。

今年は、男女共同参画センターの1室を借りたいなあと
考え中です。

これはライフワークなので、毎年やっていけたらいいなあ。

また、それとは別にフィギュアスケートの採点問題を
何とかしたいと「FPU」に入っています。

この活動と、フィギュアの採点問題の活動とは矛盾しないと
私は思っているのですが・・・

競技としての最近のフィギュアスケートはもう終わってしまってます。

大会前から誰が勝つかが決まっているなんて、そんな面白くない
話があるでしょうか。

昔のフィギュアは良かった・・・と、つくづく思いますが、
このままでは納得がいきません。

ただ、私は純粋にフィギュアスケートというスポーツを
楽しみたいのです。

ところが、その採点問題を口にする人の一部は、
男女共同参画や民主党政権に批判的な人がなぜか多い・・・

私は民主党支持者ではありませんが、不支持という訳でも
ありません。
保守的な政党よりはましだと思ってます。

そのあたりが、フィギュア問題と絡んでくるのが不思議な
ところでもあるのですが、それとは別物と考えたいです。

これからも、男女共同参画を推進していくことには変わりない、
音楽を続けていくことにも変わりない、ということは確かです。

と、ともにフィギュアスケートも純粋な競技として楽しみたい、
というのが正直な思いです。

*FPUは、理念を大切にしている団体なので、政治や宗教の考えを
強要することはありません。

« 新しい曲に挑戦 | トップページ | 伊藤みどりさんが国際アダルトフィギュアスケート選手権出場! »

スポーツ」カテゴリの記事

女性問題・男性問題」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい曲に挑戦 | トップページ | 伊藤みどりさんが国際アダルトフィギュアスケート選手権出場! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ