« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

憎めない織田くん

あ~~~~、またやっちゃいました、織田くん。

ジャンプの跳びすぎ違反(ザヤックルール)にひっかかってしまいました。

う~~~ん、なんとも惜しい。
4回転は跳ばなかったけど、後はノーミスの素晴らしい演技だった
だけに惜しいです。

あれがなければメダルに届いていたそうです。

小塚くんは、素晴らしかった!

高橋くんのアクシデントの後、プレッシャーがかかる場面で、
しかも予選から滑り、SP6位からよく頑張りましたね。

珍しく佐藤コーチがガッツポーズしてました。
私も、おもわずガッツポーズしました。

きっと勇気を与える演技だったと思います。

P・チャンについは、もうスルーですsweat01

私は、ただただ、親心のように・・・織田くんの結果がショックで
ふて寝してしまいました(なんや、それ~~~?)

実力があるだけにね!!
それだけにショックなのですよ~~。

でも、憎めないんですね~。

本人が一番悔しいと思いますが、今期はこのルール対策もバッチリして
メダルを目指してほしいと思います。

さてさて、女子はどうなるのか。

日本選手、がんばれ~heart04

世界フィギュア2011 男子SP

いよいよ始まりましたね。

日本選手、がんばったと思います。

織田くん、会心の2位。少々ミスはありましたが、
4回転も認定されたのでしょう。
高い技術点が出てました。

グランプリシリーズでもすべて表彰台に登ってきた
結果が出ているように思います。

高橋くんの点数がちょっと低いように思うのだけど、
どうでしょうね。

それにしても、パトリック・チャンは完璧演技でした。

ただ・・・・。得点が高すぎます。

しかも彼はジャッジから「愛されてる」そうなので、
少々ミスしても高得点が約束されている、その
心理状態で滑るのだからプレッシャーもあまり
かからないというものです。

歴代最高得点・・・って、女子の誰かさんと重ねて
しまいました。

織田くんも、もしも完璧な演技をしても、P・チャンの
得点には届かなかったでしょう。

ISUは、もう勝たせたい選手は最初から決まってるん
じゃないでしょうかねえ。

女子が思いやられます。

もしも女子も男子も、あの人達が優勝すれば、
また、げんなりです。

それだけは避けてほしい。

女子は、今期、安藤選手が好調だし、あの誰かさんは
1年もブランクがあっていきなり優勝なんてそんなに
出来るものじゃありません。

あのミッシェル・クワンでさえ、グランプリシリーズをスキップ
したシーズンの世界選手権では優勝してません。

また、メディアも煽るようにキム・ヨナ選手のことを
取りあげてばかり。

もう、いい加減にしてほしいです。

でも、少しでも日本選手たちの頑張りが評価されることを
祈って。そして、今夜の男子フリー、期待したいものです。

発表会の練習と 世界フィギュア

今年はレッスンに通っている教室で、夏に発表会が
あります。

その為の曲を今、打ち込み中。

ピアノソロで弾いていた曲なんだけど、ベースと
ドラムパートを入れて、ストリングスも入れようと
奮闘中です。

たとえ1曲だけでも披露できる場所があるのは
嬉しいことなので、出ようと決めました。

今の私は、とにかく舞台に場慣れすることが大事かな。

使っていた電子ピアノが壊れたので、新しいピアノで
練習中です。

音もタッチも気に入って、練習するのが楽しくなりますnote

それから、もう一つの楽しみは、もうすぐモスクワで始まる
世界フィギュア!

1ヶ月延びたことで、選手たちもコンディションを整えるのに
大変だったことと思いますが、それだけに注目もひとしお。

あ~、楽しみだなあ。

くれぐれも、公正な採点方法で採点してほしいものですが・・・

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ