« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

今の関心ごと

テレビを見るたびネットニュースを読むたび、今の関心ごとは、
やはり原発についてです。

報道は、真実を隠して「大丈夫」と言っているのが本当のようです。
それはネットを徘徊していると、たどり着くんです。

今まで原発について無関心すぎました。

危険性を警告している人が実際にいたのに、それに耳を貸さずに
推進しつづけてきた当時の政府は責任を感じてほしいです。

風評被害を怖れるあまり真実を隠して安全だというのなら、
それはまったく逆です。
真実を伝えることこそが被災地の人の為にもなると思うのです。

テレビで「安全」という人は、原発推進論者ばかりだそうです。


唯一の被爆国である日本が、地震国でありながら「核の平和利用」
などという文句に惑わされて皮肉にもこんな事故を起こしてしまいました。

地震は天災ですが、原発事故は「人災」です。

核の平和利用など、あり得ないのです。

宇宙人が、「核」を使うべきではない、と警告しているというう話を、
天文学者さんから聞いたことがありますが、まんざらデタラメではない
と思います。

早く今の事態が収束するのを願いつつ、これからは原子力に頼らない
発電方法を真剣に考えていかなければいけません。

それが、私たちの世代に課された義務ではないでしょうか。

原発について思うこと

  
ずっと原発について考えてました。
危険性は昔から言われていたはず。
想定外なんてことは言い訳です。

こんな中で、福島の人たち、命をかけて作業をしている人
たちに思いを馳せています。


オノ・ヨーコさんへのQ&A

これを読んで、本当に共感しました。

原発に反対するなら、代替となるものを提案して声を出していく、
太陽光、風力、水力など自然の力を利用した発電のしかたを
訴えていくことが大切なんだと。

やはり「核」を使うこと自体に無理があるのだと思います。

1日も早く無事な日々が過ごせますように。

そして、原発のあり方をこの機会に考えてみませんか?

阪神・淡路大震災の経験から

被災地の方々にお見舞い申しあげます。

さて、現地の方も離れた所にいる方も「自分には何もできない」
「生き延びて(あるいは)ぬくぬくと生活していて申し訳ない」と
思う気持ちが出てきているのではないでしょうか。

その気持ちは当然の心理だと思うのです。
でも、罪悪感を感じる必要はありません。

阪神大震災でも、そういった罪悪感を抱える人は少なくありませんでした。

それでも、自分が生きている、無事に生活できている、
それで十分なのです。
その事が被災者の方への励みになります。

テレビ中継を見ていて辛くなったら、少し離れてみるのも
いいかもしれません。
リラックスしてみる、好きな音楽を聞いてみる、本を読んでみる、
仕事をがんばる、でもいいかもしれません。

そんな気持ちになれないなら、それも当然の気持ちだと
受け止めていいのです。

どうか自分を責めないでほしいと思います。

ライブ無事終了しました

2011313live

3月13日(日)、「シンセサイザー&スイーツのコラボレーション」ライブ、
お客さん、スタッフの皆さまに支えられて盛況で終了しました。

歓談している人、いっしょうけんめい拍手してくれる人、じっと聞いて
くれる人、リラックスムードの中で良いライブができたと思います。

ドリンクやスイーツのおかわりを楽しまれたり、お菓子の販売もあって
楽しんでいただけたかなと思います。

ほんの少しの時間でも、音楽で心が潤ってくださったら、こんなに
嬉しいことはありません。

若い世代から同世代の人も多く、知っている曲・聞いたことが
ある曲が多かったと言ってくださり、良かったかなと思います。

おいしいお菓子は、きっちり買って帰って食べましたcake

この企画にあたって担当してくださったスタッフの皆さん、
もちろんお客さまに感謝ですheart04

応援してくださった方、本当にありがとうございました。

祈りを込めて弾いてきます

昨日の地震から一夜明けました。

余震にふるえながら、すごされた方も多いと思います。

私は、16年前の阪神・淡路大震災の時のことを思い出してました。

さて、明日はライブです。

地震に遭われた方の無事と、亡くなられた方への鎮魂も込めて、
音楽が被災地にも届くような気持ちで弾いてきます。

どうか、祈りが届きますように。

パープルダイヤル

ドメスティック・バイオレンス(DV)に関しての相談電話、
「パープルダイヤル」が開設されています。

ここで少しドメスティック・バイオレンス(DV)について記述して
おきたいと思います。

「ドメスティック・バイオレンス」(domestic violence、以下DVと記述)とは、
同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことである。
近年ではDVの概念は同居の有無を問わず、元夫婦や恋人など近親者間に
起こる暴力全般を指す場合もある。(ウィキペディアより)

***暴力の種類とサイクル*****
殴る・蹴る・首を絞めるなど「身体的暴力」
人格を否定する、罵る、など「精神的暴力」
避妊に協力しない、無理にセックスを強要するなど「性的暴力」
給料を渡さない、経済的に困らせるなど「経済的暴力」
行動を制限する、など「社会的暴力」

などがあります。

DVのサイクルとは
 穏やかな「ハネムーン期」soonじょじょに緊張が高まってくる
「緊張形成期」soon暴力が爆発する「爆発期」soon
爆発させた後にまた穏やかになる「ハネムーン期」

これを繰り返し、じょじょに、このサイクルは短くなっていきます。

**DVは「親密な相手からの執拗なコントロール」
相手を支配し思い通りにコントロールするために加害者がとる
手段が暴力なのです。
身体的暴力だけではなく精神的暴力や経済的暴力を手段にして
相手の体を傷つけずにコントロールする加害者も実はとても多いのです。
支配・被支配の関係は周りの人からは分かりにくく、当事者間で空気の
ように漂っているものです。

(傷ついたあなたへ ~わたしがわたしを大切にするといういこと~
 (レジリエンス著)より**

DVは夫婦げんかではありません。
この著書のように「支配とコントロール」だと言われています。

夫婦げんか=対等な関係でおこり、その後、話し合いで解決できるもの
DV   =権力を握る側(社会的・経済的などで上に立つ側)が相手を
      コントロールし、話し合いでの解決は難しい

DVを受けると、「この関係からは離れられない」といった
学習的無力感を感じたり、自尊心が下がり、自分は価値の
ない人間だと感じたり、ストレスから心身状態に影響が出る
こともあります。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症することも。

DVは犯罪であり、重大な人権侵害であり、決して許されるものでは
ありません。
が、親密な関係で起こるため、非常に見えにくく、社会全体で
「暴力を許さない」という意識を共有することが大事だと思います。

DVで悩んでいる人は、各都道府県や市町村の男女共同参画センターや、
配偶者暴力相談支援センターで相談を受け付けています。

3月27日(日)まで、パープルダイヤル で電話相談ができますsign01

もしも、親しい人が(これを読んでいるあなたが)DVで悩んでいたら
「被害を受けたあなたに責任はない」
と伝えて、相談機関を教えてあげてください。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ