« ピアニスターHIROSHIさん その2 | トップページ | 阪神・淡路大震災から16年 »

江~姫たちの戦国~を見て

第1回は見逃してしまったので、今回は観てみました。

私の注目は、やっぱり復帰第一弾の鈴木保奈美さん。

大女優になる素質充分で期待していたのに、あの誰かさんと
電撃結婚して子育てに専念してしまい、なんて惜しい、と
思っていたので嬉しい復帰でした。

この時代の大河ドラマは、なぜかけっこう好きで、
子どもの頃に見たのも、やはり織田信長と秀吉の
関係だったりしました。

その時のタイトルは忘れてしまったけど、小学校でも
けっこう話題になり、キャストは織田信長が高橋英樹さん、
木下 藤吉郎(後の豊臣秀吉)に火野正平さん(この人はもう、
サルと呼ばれたキャラにピッタリ)、明智光秀は近藤正臣さん
という豪華キャスト。

(*追記 あとで調べてみたら「国盗り物語」でした)

高橋秀樹さんの織田信長役は、それはもうハマリ役で怖かった(^^;)

そのずっと後、大人になってから印象に残っていたのは、
橋田壽賀子作の「おんな太閤記」で、これは本当に面白かった!

秀吉の妻「ねね」から見た戦国時代を綴り、女性の視点での
大河ドラマでした。

出演も、橋田ファミリーがたくさん出ていて、なんとなく親近感を
持てました。ねね役の佐久間良子さんが本当に綺麗で、うっとり
見てました。

秀吉役の西田敏行さんは、体格は「サル」と呼ばれていた藤吉郎
のイメージとは違うけど、西田さんらしい秀吉を演じてました。

この「おんな太閤記」のおかげで、かなり戦国時代に興味を持ち、
戦国時代に生きる女性を描いた小説なども読んだりしました。

そして、今回の「江」。

主人公は「江」なのですが、今回も豪華キャストですね。

鈴木保奈美さんのお市の方、いい味出してました。

後の淀殿である茶茶は、宮沢りえさん。

お市は、やっぱり悲劇的な末路をたどり、淀殿も敵方である
はずの秀吉の側室となり、男子を出産したがゆえに悲惨な
最期をとげます。

正室である北の政所(ねね)だけが、敵となった徳川家康にも
温かいもてなしを受け、静かな老後を過ごして長寿を全うします。

「女太閤記」で「ねね」ファンになった私は、秀吉と共によく訪れたと
いう有馬温泉に「ねね」像が建っているのを見て感激したものです。

さてさて、話を元に戻して、鈴木保奈美演じる「お市」には秀吉が
密かに思いを寄せたというほどの美人だったそうです。

そのお市の今日の台詞が、とっても印象に残ります。

「おなごは、自分の思い通りには生きていけません」

戦国時代は男の時代。女性たちは、戦に出て行く夫を
そっと見守り、男の子を産むのが仕事だった、夫の死後は
尼として仏につかえるなど、自分の人生を生きるなどは
程遠い運命だったのですね。

その時代の女性を思うと、胸が痛みました。

運命に翻弄される女性たち。

それを見守りながら、今後のドラマの展開を楽しみに
したいと思います。

« ピアニスターHIROSHIさん その2 | トップページ | 阪神・淡路大震災から16年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

母親を殺した武将秀吉に嫁ぐなんて、その当時でも淀殿は最初は複雑な感情があったのではないでしょうか?
2人の姉妹に比べたら、あまり話題性のない真ん中の「初」は大阪夏の陣、冬の陣での仲裁役などを買って出たそうですが、この初が3人の中で一番平穏な人生を送ったかもしれませんネ!

>かーこさん

コメントありがとうございますsign01
この3人姉妹については淀殿が一番有名ですよね。
江については私もよく知らないので、今後の展開に注目しています。
初が一番平穏な人生だったんですね~
やっぱりこの時代のドラマは面白いですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアニスターHIROSHIさん その2 | トップページ | 阪神・淡路大震災から16年 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ