« ピアノを弾くとお腹が減る | トップページ | 2004年世界選手権 荒川静香のトゥーランドット »

イリーナ・スルツカヤの演技

ひさしぶりにフュギュアの話題です。

You Tubeの埋め込みができない動画のようなので、
クリックしてくださいね。↓

http://www.youtube.com/watch?v=j7lBCZpn>encc

トリノオリンピック前年、ロシアでの世界選手権、
イリーナ・スルツカヤの当時で女子世界最高得点の
演技です。

この時、真央ちゃんはまだジュニアだったので、
日本勢は、荒川静香さん・村主章枝さん・安藤美姫ちゃんが
出場しました。

ソルトレーク五輪の後、お母さんの病気、そして自分自身の
病気で1シーズンを棒に振ったこともあったそうですが、
2004-2005シーズンは、スルツカヤがグランプリシリーズ
全勝、そして世界選手権2度目のタイトルで、圧倒的な
強さを見せていました。

長野オリンピックでかわいらしかったスルツカヤは、
”ロシアのみどりちゃん”と言われるジャンプの高さも
足替えビールマンスピンも素晴らしいです。

この時の演技は、確かテレビで観たと思うのですが、
ほんとうに今、見ても鳥肌ものです。

この時の点数は、予選があった為、予選も加算しての
得点なので、バンクーバーで誰かさんが疑惑の最高得点を
出しましたが、スルツカヤと比べると???です。

トリノでは、荒川さんの金メダルはうれしかったですが、
私としては、スルツカヤにも金メダルをあげたかったなあ・・・
と、いう気持ちです。

そうそう、荒川静香さんですが、私個人の意見としては、
トリノの時よりも、この前年、2004年世界選手権で優勝した時の
「トゥーランドット」のほうが好きです。

トリノの時は、ミスなくきれいにまとめたという感じなんですが、
世界選手権での優勝は、本人も「あれ以上の演技はできない」と
引退を考えたほどで、攻めの演技でした。

たとえば3ルッツー3トゥループー2ループなど、
高難度ジャンプを次々と決めての完璧な演技。

あの演技も鳥肌ものでしたよ。

****************************************

Figure skating Protection Union
(フィギュアスケート保護連合、略称FPU)がスタートしました。

ホームページは、こちらですhttp://fpu.nobody.jp/

« ピアノを弾くとお腹が減る | トップページ | 2004年世界選手権 荒川静香のトゥーランドット »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

懐かしい演技を久しぶりに見て、ちょっとうるうるしそうな気持ちになりました。

>トリノでは、荒川さんの金メダルはうれしかったですが、
私としては、スルツカヤにも金メダルをあげたかったなあ・・・

実は我が家も全く同じ気持ちだったんです。
トリノの荒川さん、とても綺麗な演技ではありましたけども、
(そして荒川さんのトゥーランが世界選手権の時の方が好きなのも同じです!!)
あの五輪ではスルの金メダルを信じて祈って見てたので、ダーリンと二人で愕然としてしまってました。

日本中が大喜びしてるのに、ダーリンは「スルが・・・・」とがっくりして
うなだれて出勤していったのをよく覚えています。

それに改めて、
>バンクーバーで誰かさんが疑惑の最高得点を
出しましたが、スルツカヤと比べると???です。

心から同感しています!!

くるみ♪さん

コメントありがとうございます!

くるみ♪さんもスルツカヤを応援していたんですね。
私はトリノの時、村主さんを応援していてメダルを取ってくれるかな~と
期待してて金メダルはスルツカヤだと確信してました。
あの転倒がなかったら、優勝してたかなあ?

荒川さんは、きれいな演技でしたけど、
2004年の世界選手権は、メダルとかを意識せずに無心で臨んでの
あのパーフェクト演技だったと思います。

トリノ前年のスルツカヤは、感動の演技でしたね♪

ほんとにね~
あの世界最高得点を更新するのは本当は真央ちゃんだったと
思いますね~~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアノを弾くとお腹が減る | トップページ | 2004年世界選手権 荒川静香のトゥーランドット »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ