« HPに曲をアップしました♪ | トップページ | DVサバイバーとしての わたし と 音楽 »

自分で演奏を聴いてみて

HP http://www.othpage.com/pianolife/profile.html に
アップした自分の演奏を改めて聴いてみました。

やはりシンセ鍵盤で弾いているので左手に力が入ってます。

通常、シンセサイザーを弾く時や電子オルガンを弾く時は
左手の音量を少し小さめにしたり、シンセの場合は
シンセを2台を上と下に置いて弾くことが多いですが、
私は1台で弾いてるので。

シンセの鍵盤はタッチの強弱をつけにくいので、硬い弾き方に
なってる気がします。その上、これを弾いたのは数年前。

今と弾き方も変わってるし、今度録音するときは電子ピアノで
しようと思います。BGMはiPodから音源をとって、ローランドの
R09HRで録音します。

それでずいぶん柔らかさの印象が違うんではないか・・と
自分で思ったりしてます。

ただ、シンセで弾く場合は修正できるけど、電子ピアノを録音
するのは一発録音なので失敗できないってのがあるけど・・・

今はエンゲルベルト・フンパーディンクの「ラスト・ワルツ」を
ピアノソロで、カクテルピアノっぽく練習してます。

それから、カーペンターズのヒット曲 Rainy Days And Mondays
(「雨の日と月曜日は」)も練習中。

これは打ち込みでBGMを入れる予定。

曲を作ったのは、ポール・ウィリアムスとロジャー・ニコルス
ですが、アレンジはもうリチャード・カーペンターに優る人は
いないので、カーペンターズのアレンジでいこうと思ってます。

ハーモニカの部分とサックスソロは、メロディオンでその通りに、
そしてコーラスやストリングスに至るまで、そのままの編曲で。

楽しみです! どんな感じになるかなあheart01

ブログにもアップできたら、したいと思います。
重さの関係でHPのほうになるかもしれませんが。

いつになるか分からないですが、時々、のぞいてみて
やってくださいませm(_ _)m

« HPに曲をアップしました♪ | トップページ | DVサバイバーとしての わたし と 音楽 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

シンセだと音の強弱をベロシティ値で判断してしまうので、実際に弾いての強弱って難しいですよね。
ピアノのように弱くひいたつもりでも、強く音がでてしまったり、なんとなく固くなってしまったりと…^^;
その逆もしかりで思わぬところで弱くなってしまったり。

色々と工夫されるyuppiさんがスバラシイです。
また聞かせてくださいね~♪

眠りんさん

>シンセだと音の強弱をベロシティ値で判断してしまうので

そうなんですよー。
シンセはやっぱり機械なので数値で判断されてしまいます(^^;)

いつも弾いているのは電子ピアノとはいえ、木製鍵盤でタッチはけっこう
生ピアノに近いものを使ってますから、
それで弾くとずいぶん違うんじゃないかなと思ってます。

また聞いてやってくださいねnote

音源アップ~♪shine

素敵ですね!!!heart02

yuppiさんの音作りの思いが伝わってくるようです。
いつまでも聞いていたい、包まれていたい・・・そんな心地よさを感じます。confident


またときどき、聞かせていただきますね。
楽しみが増えました♪lovely

paris-akoさん

ありがとうございます!
アップするのは、けっこうドキドキものでした。
客観的に聞いてみるとどうなんだろう?って。

>いつまでも聞いていたい、包まれていたい・・・そんな心地よさを感じます

わあ~~♪
うれしいです~~!!
そう言ってもらえて。

これから打ち込みする曲が完成したら、
またアップしようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HPに曲をアップしました♪ | トップページ | DVサバイバーとしての わたし と 音楽 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ