« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

プチ同窓会

今日は、行く予定だった研修をパスしてしまい、ちょっと後悔・・・
・・(-_-) はぁ~

どうもこの頃、バイタリティーが足りません。。sweat01

2009_11_22_3 ところで、22日は、短大時代、マンドリンクラブのギターパート仲間だった友人5人でプチ同窓会をしてきました。

1人は遠方、もう1人は仕事で来れなかったけれど、このメンバーで会うのは何年ぶりかなあ~。

お店の予約をしていたので、見晴らしのいい窓際の席で、ビッフェの食事をしながら3時間くらい居座ってました。

なつかしい短大時代。

2009_11_22_2_3

グリーンの服がワタクシです。

もう子どもが、その年になってる私たちの年代ですが、その後、お茶を飲みながら、昔の話で一盛り上がり。

英文科で、英語の勉強に力を入れるはずだったのが、やっぱり音楽が好きで、何か楽器をやりたくて入ったのがマンドリンクラブでした。

実は、軽音楽部があったら入りたかったんだよね。

ほんとは、フォークギターをやりたかった。。当時、流行ってたんですsweat01

マンドリンオーケストラなのだから、フォークギターしか持ってなかった私は、当然、クラシックギターを買うことになりました。

この当時が一番、鍵盤というものから離れていた時期でした。

友人Aは、このクラブはコンパが多いからと誘われて入った!?らしい・・

私はギターが弾けるようになったらいいやん、っていうノリで入った。。。

が、しかし、夏休みの10日間の合宿は、練習、練習、練習の日々でした。

秋の定演(定期演奏会)に向かって、朝から晩まで練習。

朝は、ラジオ体操に始まり、卵ご飯とみそ汁の朝食(これが、
すごくおいしかった!)を食べたら、午前の練習。

もちろん午後にも練習があり、夕食は鍋物が多かったような
気がする・・特に、すき焼き。。。。

今でこそクラシックの楽譜なんて見ない、コードとメロディ譜を
書いたCメロ楽譜専門の私が、あの時は、クラシックギターの
楽譜はコードなんて無関係なのでした。

その楽譜にわざとコードをふったりして、なんとか乗り切ろうと
する私なのでしたが・・・

朝から夜までの練習で、気がつくと、トイレットペーパーにも、
朝食のみそ汁にも音符が見える(マジで)のでした!!

同じ釜の飯を食った仲間というか、同じ部屋になった
このメンバーとは大いに盛りあがり、楽しかったなあ!

合宿最後の夜の打ち上げには、皆が芸(?)を披露したり、
定演ではお客さんの拍手に涙、涙、そして、打ち上げも
先輩たちと一緒に涙、涙で。

まさに青春してました。

今は、すっかりギターは弾いてないですが、なつかしい
思い出なのです。

好奇心 再開

最近、ちょっとスピリチュアル系に凝ってます。

でも、スピリチュアルだけではなく心理学も入っているのが
この人、リズ山崎さん

心理学とスピリチュアリティを統合させているところが魅力。

私は基本的にプラス思考だと思ってるのですが、
ただプラス思考だけでは、落ち込んだ時に自分を責めて
しまいがち。

でもリズさんは、21歳でアメリカへ渡り、スピリチュアル体験を
した後に、心理学を36歳から通信制大学で勉強したそうです。

今では、その二つを統合した独自のメソッドを実践されているとか。

その行動力は、著書「ブレイブガール」を読めばわかります!
すご~くおもしろかった! すぐに読んでしまいました。

もともとは、「願いは、ぜったい叶うもの」という本を本屋さんで
立ち読みして買ってきたのがきっかけなんですが、
読みかけで、しばらくピアノの上に置いたままになってたのです。

それが、ちょっと前に続きを読んでみようという気になり、
読んでみたら、今の私の心境にピッタリで、別の本も
読んでみたくなりました。

この本のサブタイトルが「すべては自分が作り出す、
そう、運さえも」っていうんです。

このサブタイトルに惹かれて買ったものなんです。

ほかにも「すべては、幸せへとつづいている」には、
天職や天命といったことにも触れられています。

これも、良かった!

まず、自分の、どんな感情も受け入れるところから始まり、
その次に初めて、プラスの方向へと導いてくれるのが、リズさん流。

まず自分の感情を受け入れ、自分を愛することから。

あらゆるトラウマに対する心理療法もされているそうです。

今では、すっかりリズさんのファン。バイブルになってます。

そのリズ山崎さんは横浜在住なのですが、なんと12月に
近くまで来てくれるのですって!!

即、申し込みをしました。

願望成就のための「引き寄せの法則」についてのワークを
行ってくれるそうです。

わぁ~い(^^)/ 楽しみ~。

今の自分をもう一段階ステップアップできそうな、この講座。

ここでムクムクと、昔の私の好奇心が出てきました。

12月の講座に行ったら、またレポートします~。

山本潤子さん You Tubeより

何気なくYou Tubeを見ていたら、山本潤子さんが出てきて
ハイファイセット時代のものも何個かアップされてました。

「中央フリーウェイ」と言えばユーミンなのだけど、
私は、ハイファイセットのカバーが大好きで
よく聞いてました。

ハイファイセットの「冷たい雨」も、最初に聞いた時、
わぁ~!と思うくらいの透き通った声と爽快感。

ユーミンの曲づくりのうまさと、山本潤子さんの声が
すごくマッチしています。

女性問題活動家・ピアノ&シンセサイザー奏者になる

早いもので、もう11月。

わが家はストーブを出しました。昨日あたりの冷え込みで
ストーブを出したお家も多いのでしょうね。

このところ黙々と色々と本を読んでいて、矢尾こと葉さん 
の文のなかに、天職を「神さまの仕事をする」とあって、
そうだ!thunderと、ひらめくものがありました。

まったりとライブの準備を進めているところですが、
この年に1度のミニコンサートが、「神さまの仕事」に
繋がりますように!という思いが強くなってきました。

私にとって、ピアノ&シンセ演奏をし、女性問題を1人でも
多くの人に伝えることが天職になればいいな、という気持ち
になってきました。

女性問題=男性問題= 女性、男性問わずマイノリティや
弱者にとっても、1人1人の人の人権問題なんだ、ということ、
それを自分の体験を含めて語ること。

音楽と女性問題をリンクすることが自分の使命なんだと
思うようになりました。

(この意識は前からずっとあったのですが、それを確信した
という感覚になってきました)


音楽家としては、ちょっと変わっているかもしれませんが、
平和を訴えたり、環境問題を訴えたりする音楽家も、きっと
いると思うのです。

それで、

女性問題活動家・ピアノ&シンセサイザー奏者になろう!

と、自分で決めてしまいました。

「決めるところから始まる、思えば叶う」を座右の銘にして、
ここのところの、まったりモードから本気モードへ切りかえねばup

曲も、あれにしようか、これにしようか、と迷い中です。
今年1月に来てくださった人にも、初めて来られる人にも
楽しんでもらえるような構成に・・・と、楽譜をあれこれ
探してるところです。

男女共同参画については、市民講師に話してもらうことに
していますが、その後、私がトーク&ライブという形で少し
おしゃべりも入れるので、その部分をどう出していくか、など。

ちょっと勉強にもなって、それぞれ皆さんが自分についても
考えてもらう場であったり、音楽でゆったりしてもらう場でも
あったり・・・そんな場所にしたいと考えています。


チラシを送る所に電話したりメールしたりFAXしたり・・・
も、仕事の一つ。

さあ、少しずつ動き出しましょうか。

11月は、男女共同参画の推進員の仕事もあって、
ちょっと忙しめになりそうです。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ