« 六甲山ケーキバイキングツアー | トップページ | 20年ぶり(?)の初対面 ”おーぷんざはーと”にて  »

マイケル・ジャクソンの思い出

マイケル・ジャクソンが亡くなってしまいました。

びっくりした!というのが第一。
まだ50歳。ほんとに惜しい。

あれだけのビッグスターでありながら、プライベートではいろいろと
複雑な状況が噂されていて、光と影の部分を持つスターだったとか。

私がマイケルを知ったのは、ジャクソン5当時の声を
ラジオで聞いたのが初めてだったかな。

ジャクソン5の「ママがサンタにキッスした」を聞いた時、
なんてかわいい声!透き通った声!と思いました。

その前に流行ったフィンガー5のアキラくんの声と重ねたりして。
フィンガー5は、ジャクソン5の日本版だったのかな?

「スリラー」の大ヒットは、私の若かりし頃(年がわかる!?)
神戸の三宮のお店の前で、あのプロモーションビデオを
よく見たものです。

でもマイケルのヒット作の中でも一番好きなのは、
「オフ・ザ・ウォール」のアルバムでしたね。

昔の”レンタルレコード”ショップで借りて聞いたけれど、
まだ整形していない当時の、澄んだ瞳の写真が写った
ジャケットが印象的でした。

曲の感じも、スリラー以後よりも好きかも。

何にせよ、世界は大スターを失った訳です。
スキャンダルも多かったマイケルですが、
いろんな意味で伝説の人になるのでしょうね。

それにしても、晩年のマイケルの色の白いこと。
彼は、黒人独特の素晴らしい声とリズム感を持っていながら、
やはり白人に憧れていたのでしょうか。

« 六甲山ケーキバイキングツアー | トップページ | 20年ぶり(?)の初対面 ”おーぷんざはーと”にて  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六甲山ケーキバイキングツアー | トップページ | 20年ぶり(?)の初対面 ”おーぷんざはーと”にて  »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ