« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

マイケル・ジャクソンの思い出

マイケル・ジャクソンが亡くなってしまいました。

びっくりした!というのが第一。
まだ50歳。ほんとに惜しい。

あれだけのビッグスターでありながら、プライベートではいろいろと
複雑な状況が噂されていて、光と影の部分を持つスターだったとか。

私がマイケルを知ったのは、ジャクソン5当時の声を
ラジオで聞いたのが初めてだったかな。

ジャクソン5の「ママがサンタにキッスした」を聞いた時、
なんてかわいい声!透き通った声!と思いました。

その前に流行ったフィンガー5のアキラくんの声と重ねたりして。
フィンガー5は、ジャクソン5の日本版だったのかな?

「スリラー」の大ヒットは、私の若かりし頃(年がわかる!?)
神戸の三宮のお店の前で、あのプロモーションビデオを
よく見たものです。

でもマイケルのヒット作の中でも一番好きなのは、
「オフ・ザ・ウォール」のアルバムでしたね。

昔の”レンタルレコード”ショップで借りて聞いたけれど、
まだ整形していない当時の、澄んだ瞳の写真が写った
ジャケットが印象的でした。

曲の感じも、スリラー以後よりも好きかも。

何にせよ、世界は大スターを失った訳です。
スキャンダルも多かったマイケルですが、
いろんな意味で伝説の人になるのでしょうね。

それにしても、晩年のマイケルの色の白いこと。
彼は、黒人独特の素晴らしい声とリズム感を持っていながら、
やはり白人に憧れていたのでしょうか。

六甲山ケーキバイキングツアー

日曜日、六甲山ホテルへ、ケーキバイキングツアーと銘打って
昔のサークル仲間と出かけて来ました。

サンドウィッチ2種類にシュウマイ、大学いも、フライドポテトなど、
デザートはケーキが数種類にプリン、杏仁豆腐、ムースなどなど、
小さいサイズでいっぱい食べて、おいしかった!!

その後、循環バスで、オルゴールミュージアムへ。

  Rokko_musium_4

6月の六甲山は風がさわやかで、マイナスイオンを
いっぱい~ 感じる空気でした。
どこからか鳥の声も聞こえて、それがまた涼しげ。

六甲山は何回も行っているけど、オルゴールミュージアムへ
行ったのは初めてで、珍しいオルゴールがたくさん。

Hall_of_rokko1

自動演奏のピアノも何種類もあって、それが今のような
コンピュータで動くものではなく、楽譜を記憶したペーパーを
読み取りながら演奏する昔ながらのもの。

オルゴールコンサートもあって、おもしろかったです。

Hall_of_rokko2 ミュージアムの窓から眺めるバルコニーの花と
外の景色も緑豊かできれいです。

オルゴールミュージアムの後は、また循環バスに乗って  
六甲ガーデンテラスへ。

ここでは、ちょうど「英国バラフェア」を開催していて、
バラのジュースや、バラのジャムもありましたheart

セレクトショップもあり、フェアトレード商品も置いてました。
私はここで竹林の香りのエアスプレーをお土産に。

六甲山頂からは霧がかかっているのが見おろせて
幻想的な雰囲気。仙人が出てきそう~。

Rokko_card_2

雨もあまり降らず、ちょうどいいお天気の六甲山でしたshine

弾いてきました

P1000104_2         NPO総会後のイベントで弾いてきました。

花束いただきました(^^)/

20090614_2 

通常総会が1時間弱で終了し、少しの間、休憩をとりお茶の時間。

その間、前もってしておいたセッティングの音出しをして音量を確かめ、私もちょっとの間、お茶を飲んで。

司会の人がプロフィールを紹介してくれた後、MCを入れながら6曲弾いてきました。

「愛は夢の中に」「酒と薔薇の日々」「めぐりあい」「ウェーブ」「We're All Alone」そして「川の流れのように」

NPOの会員の方々は、男女共同参画センターの情報アドバイザーだったり、弁護士さんだったり、女性問題関連の活動をされている方が多かったです。

そういう人たちとお会いできるのは、ウレシイです。

シンセの音を入れたレコーダーを「これに、どうやって入れるの?」とか、「あの音もシンセサイザーに入ってるの?」とか「あの曲は何ていう曲でしたっけ?」とか聞かれたりして、なかでもシンセの音には興味を持ってくれたみたいです。

「ぜいたくな時間を過ごせました」と言ってくださったり。うれしかったheart04

私こそ、贅沢な時間をいただけたなあ~と感謝しています。

こうして繋がっていってくれたら、うれしいなあ。

”生”で聞く音楽

最近はパソコンで手軽に音楽を楽しめます。動画で手軽に聞く音楽、私もけっこう探したい曲を簡単に探せるのでよく使います。

ただ、やっぱり生で聞く波動や空気、といったものは、生でしか伝わらないものかもしれません。

何新聞だったかウェブニュースで、「音楽」が心を豊かにする科目だという結果が出てました。

余談ですが、最近、新聞もパソコンのウェブニュースで見るようになりました。でも、新聞には新聞の良さがあるんですよねー。

パソコン画面では読めないコラムがあったり、小さな記事のお知らせ欄があったり、生活面がおもしろかったり・・など。

とはいえ購読料と新聞紙のリサイクルの手間なんかを考えると、今はどうしてもウェブニュースに頼ってしまいます(^^;)

本題に戻って、時には音楽もライブで聞くのも良いものです。

同じ会場で感じる空気、心が揺さぶられたり、じわっとなったり、居心地よくなったり。

そんな心が豊かになれるような音楽を、私もお届けできたらなあと思うのです。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ