« ファイナンシャルエッセイ | トップページ | 推進員定例会&6月の演奏会 »

こころに残る人

5月に入って、ちょっとダレ気味で、やる気が出てこない状態だったのだけど、元気をもらうニュースが一つ、二つあったので書きたくなりました。

きょう忌野清志郎さんの「ロックンロール葬」が行われたそうです。

すごいですねー。

RCサクセションは、「雨あがりの夜空に」がやっぱり一番思い浮かぶけれど、原発を風刺した歌や「ぼくの好きな先生」など、社会的ソングや心に残る歌が多いのでしょうね。

これだけのファンが献花に駆けつけて、まだまだ列が続いているとかニュースでも放映されてました。

最初は奇抜やなぁ~と思ったけど、他にもいい歌が多いんですね。

「探偵ナイトスクープ」に忌野清志朗さんがゲストで出ていたことがあって、西田敏行さんとトークをしているのを見て、あの歌っている時の派手なイメージとは全然違う、静かで純朴な話し方が印象に残ってます。

彼の歌は、彼の内面を映し出す鏡だったのかも。

もっともっと年を取っても、歌い続けてほしかったのに惜しいです。

寂しいけれど、これだけ愛された人だったんだなと思うと、勇気をもらえます。

ミュージシャンって、こうして語り続けられる、歌や楽曲が残っていく、やっぱりいいな、と思います。

一方、森光子さんは89歳で「放浪記」2000回を演じたそうです。

41歳で初主演、それ以来ずっと。スクワットも毎日されているそうですねー。

私も、これから長い間、音楽を続けていきたいです。そして、芸能人のような大きな話題ではなくても、周囲の人に何らかの影響を残せるような、たくさんの人から愛されるような音楽家でいたいですnote

人間って、生きている間に何を残せるのか、神様から試されてるのかもしれませんね。

« ファイナンシャルエッセイ | トップページ | 推進員定例会&6月の演奏会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファイナンシャルエッセイ | トップページ | 推進員定例会&6月の演奏会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ