« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

誕生日に思う

Shinnennkai2 きょう1月25日は誕生日。

1年は早いです。

昨日は、20代の頃に活動していたサークル時代の仲間との新年会でした。

飲み会の前に、土曜日のライブ会場で当日の打ち合わせをし、全日のラジオ出演の打ち合わせも少ししてきました。

12月に会場に持って行ったチラシがもうなくなっていました→期待shinenotes

昨日、今日と寒い日が続いていますが、土曜日はあたたかいといいなあ。

加古川駅から新快速で三ノ宮へ。

1次会は居酒屋。写真は、ほんわりと、あま~くておいしい温州みかんサワー。

いつもあまり飲まないのだけど、昨日はソフトドリンクを1杯。

2次会でカラオケに行って「おめでとう」の言葉をもらい、うれしかったなあheart01

Shinnennkai_2  ←真ん中がワタクシ。

昨日も同年齢の仲間が数人来てましたが、誕生日に毎年思うこと、それは・・・・

やはり阪神大震災の年のことです。

地震の日が17日、そしてあの頃の成人式は15日で、3連休が開けた火曜日の朝だったのをよく覚えてます。

それからまだ1週間の25日、自分の誕生日どころではなかったという記憶がありました。

2月6日の娘の誕生日になって、ようやく実感がわいたというのが本当の所でした。

あれから14年。

こんなにも平和に、しかも1週間後にはミニコンサートをひかえ、こんなにもうれしい形で、友達に誕生日を祝ってもらえるなんて、喜びもひとしおです。

さあ、1週間後の来週の日曜日には、どんな気持ちでいるのかな?

ライブ、がんばってきますsign01heart04

再び告知です♪

ラジオ出演が決まりました

1月30日(金)
BAN-BANラジオ 86.9MHz
『Town Beat』;:
20時15分頃~ 10分~15分の生出演

翌日トーク&ライブの紹介と活動内容についての紹介など

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
ライブ告知

水野友梨  トーク&ライブ

2009年1月31日(土)
14:00~
兵庫県加古川市
東播磨生活創造センター
http://www.kacom.ws/「かこむ」内
多目的パフォーマンススペースにて

地図 http://www.kacom.ws/map.htm

入場無料・申し込み不要

男女共同参画に関する体験談を交えた気軽なおしゃべりコンサートです。

演奏予定曲

ジャズサンバ
酒と薔薇の日々
めぐりあい(アンドレギャニオン)
オートマティック
オーバー・ザ・レインボウ
マスカレード
川の流れのように
心の愛

・・・・ほか

当日は時間が許せば11曲程度、1時間半くらいを予定しています♪  どうぞ、ゆっくりお楽しみくださいね。

土曜日は飲み会

ライブを間近にひかえた今週土曜日は、会場と打ち合わせをした後、昔のサークル仲間との新年会beer

飲み会は、ひさびさなので楽しみです。

実は私、そんなにお酒は強くありません。この頃は、ほとんど飲まないかな。

でも昔は、まあまあ飲んでた、チビチビと・・・

水割りなんかは人のグラスに入れてあげながら、自分はウスイのにして飲んでました。

一度、すきっ腹で飲んで、ほんとに酔っぱらったこともあったなあ。ちょっとしか飲んでないのにsweat01

土曜日は、たぶん甘いチューハイあたりを飲むことになりそうですが、ライブ前なので酔っぱらわないように、食べるほうに重点を置いて行ってきま~すheart04

ラジオに出ます

昨日の電話で、なんとライブ前日の30日(金)の夜、地元ラジオの生放送に出演するお話をいただきました。

会場の東播磨生活創造センターを運営しているNPOが企画している番組だそうで、そこでコンサートを開く地元出身アーティストや芸術活動をしている人を紹介するコーナーだそうです。

きっと当日の打ち合わせの電話かな、と思って出たのですが、ビックリsign03 

雑誌に取材された経験はあるけど、ラジオ出演は初めてなので、なんかキンチョーします。ライブ本番より緊張したりして・・・。

ローカル放送局のせいか、加古川市居住じゃない私の家でも受信できるかできないか?の感じで、本人も聞けるのかどうか(再放送もあるらしい)なのですが・・

シンセサイザー&ピアノ演奏がどういうものなのか、今後の活動のこと、翌日のコンサートのこと、など10分~15分くらいの紹介コーナーへの出演だそうです。

これを聞いて、翌日見に来てくれる人が出てくればいいなあheart01

しっかりアピールしてきます。

震災から14年

明日(1月17日)は、阪神・淡路大震災の日。

もう14年も経つんですねー。

毎年、この日がくるたびに、やはり当時を思い出します。

当時、神戸に住んでいたので、そりゃもう家の中は、ぐちゃぐちゃ状態になりました。

でも揺れている最中は、まだ寝ていた時間なので一瞬、何が起こったのかわからず、その音の大きさにビックリしたというのが一番の感想でした。

でも、すぐに揺れ戻しがきた時は、あーこのまま死んだらどうしよう、という気持ちでした。

隣で寝ていた娘、当時5歳(6歳ちょっと前)、オットが夜勤のバイトに出かけていて家の中はふたり。

オットの無事と実家の無事を確認するまで気が気でなかったです。

その後、電気はすぐに復旧したから良かったんだけど、水が1週間くらい、ガスが2週間くらい出なかったのが大変でした。

給水車が来るのに並んだり、車で買い出しに出かけたり、お風呂に入りに温泉へ出かけたり。

あー、でもでも、もうあんな経験はしたくないです。

あれから災害のことを言われるようにもなり、いざという時の為の心がまえの必要性も叫ばれるようになり、そうそう、その通りだなあと実感するのですが、体験者としては、もう二度と経験したくない、というのが本音かなあ。

でも、身近な人が皆、無事だったことが何よりの幸いで、ひどい被害に遭った人や命を亡くされた人のことを思うと、キュンとなります。

明日17日は、尊い命を落とされた人の為の鎮魂の日。

どうか風化しないよう、祈りたいものです。

娘の成人式

今日はかなり寒い日でしたsnowが、この日、娘が成人式を迎えました。

振り袖は前撮り写真だけ撮って立派なアルバムが出来上がったので、当日は友達とスーツ姿で出かけて行きました。その友達もスーツだったもので。

普段、スーツ姿にパンプスなんて履かないものだから、「足が痛いよ~」って言ってました。

自分の娘がもう二十歳。早いものです。

でも、まだまだ子どもだなあ、親から見ればだけど。これからどんな道を歩んでいくんだろうね。

小さかった頃から娘は私の音楽をずーっと聞いてる訳なんですが、ライブには来ないし、私が練習してても何~も言わないんです。彼女は自分の歌の練習なんかしてたりします。

母親がピアノを弾いてる姿が、もう当たり前のようになっている彼女。

どんな風に写っているのかしらん。

私は、ちょっとばかり世間のお母さんとは違うので、「うちのお母さん、変わってるわ」なんて思ってるのかな? 

それはそれでいいや、彼女は彼女の道を見つけてほしいです。

自分に自信を持って。これからが本格的な人生ですから。

娘よ、いつでも応援してるよ。

男女共同参画って ー2ー

この頃、そんな感じで「男女共同参画」をどう伝えようと、いろいろ考えていました。

特に結婚してからの家事と子育ての分担(私が結婚してからプロのブライダル奏者になるためにレッスンを始めたので)で、もめたことは半端じゃなかったです。

まだまだ「男女共同参画」なんて言葉もなかった当時、私はかなり夫に主張し、夫はそれに反発しました。

でも、今、彼はなんと、「男女共同参画」に興味を持ち、活動も始めたのです。

私が言っていたことは、間違いじゃなかったんだ、って思いました。

そんな訳で、雰囲気的には、やはりライブなので、暗い話題ではなく明るくポジティブなものにしたいなあと思います。

たとえば兄と2人きょうだいの私、兄の友達の男の子についていって遊んだりしているうちに、男の子の言葉づかいを覚えたりしてました。

そうすると親から「女の子やのに」「女の子なんだから」と言われることが多かったのですが、

わんぱくな女の子がいてもいいじゃない、

心やさしい男の子もたくさんいるじゃない?ってこと、

男の人にも家事や育児にもっと参加してほしいってこと、

女だから、男だから、っていう理由で、いろいろな制約をつけないで、自分らしく生きていこうよってこと、

大人になってから本格的にピアノを始めた私だけど、今、こうしてライブをしようとしている、何歳になっても楽しみながら、いろんなことにチャレンジしていってもいいんじゃない?ってこと、

音楽を続けていきたいからこそ、いろいろなことを乗り越えていけた、がんばって生きて来れた私。

音楽が自分を元気づけてくれたこと、

いろいろな問題や悩みやあるけれど、音楽を通してこうして時間をいっしょに過ごせる幸せのこと、

そんなことを音に心を込めて語りたいなあ、と思うのです。

男女共同参画って

090105_182801 ← 今年初のレッスン帰りにちょっと1杯。あー、コーヒーはやめられないです。

きょうはデジカメを持って行かなかったので携帯ショットです。

さて、突然ですが、男女共同参画って何かわかりますか?

っていうのはね、ライブの時にするトークでそのことを、おしゃべりするつもりなんです。

でもネットで検索したりすると、何かアンチサイトがいっぱいで、コワイです。アンチの人が来たらどうしよう?

市や県の男女共同参画センターにもチラシを置かせてもらっているので、興味を持っている人が来てくれたらウレシイのだけど。

ここのサイトなんかが一番わかりやすいかな。

http://www.gender.go.jp/

男女共同参画基本法」というのが、ちょうど10年前に試行されました。それまでは「女性問題」などと呼んでいました。草の根の活動をする人たちが国や市町村に働きかけた努力の末、この法律ができ、「男女共同参画」という言葉が生まれました。

男女共同参画というのは政策用語なので、堅苦しく聞こえるのですが、それまでの女性差別を解消するものというのが、手っ取り早いでしょうか。

女性差別というと、「いや、今の世の中男女平等じゃないの」「男性だって差別されてるよ」なんていう意見が必ず出てきますが、

女性が生きやすい社会は、男性にも社会的弱者にも生きやすい社会なのだ

ということを常に私は感じてきました。女性はそれまで、常に社会的弱者だったのです。今もドメスティックバイオレンス、セクハラ、など女性への暴力は深刻なものです。

今、不況の世の中で、男性の働き方も問われてます。終身雇用・年功序列が崩れて、男性も企業に入れば「安泰」ではありません。

女性は常に企業の中では「安泰」ではありませんでした。結婚や子育てで退職を余儀なくされることも多かった、そして今となれば、もう結婚も「永久就職」ではありません。

今の世の中、男女ともに働き方が問われているのではないかな。

最近は「ワークライフバランス」という言葉も聞くようになりました。「ワーク」と「ライフ」、バランスのとれた生き方です。

他にも農村などにまだまだ根強い「慣行」などは、女性に負担になっていることが少なくありません。

ん~ん~ん・・・・なかなかこれらのことを、うまく伝えるのは難しいなあ。ついつい堅苦しくなってしまうのよね。

それを、私は自分の体験にもとづいて話そうと思います。

たとえば私は2人兄妹で、「男性」の兄と「女性」の私、親から比べられることが多かったなあ。

「女の子やのに」「女の子やから」と言われてきたことが実に多い!!

けっこうムカツキましたねー。

たとえば私ばかり家の手伝いをやらされる、「お兄ちゃんは? 何でせんでいいの?」と言うと、母から

「何言うてんの、お兄ちゃんは男やないの」

って。何で男は家の手伝いせんでええねん!!!!

男は勉強だけしてればいい、家事なんかしなくていい、っていう典型的な昔人間の母。

女は、勉強そこそこでいい、嫁入り修業しなさい、みたいな。

でもね、今、そんな時代じゃないでしょう。

そこで、私も人並みに恋をし、結婚もしました。が!!!

結婚後に本当の家事バトルが待っていたのです!!

音楽と結婚生活、子育て、私にはこの「女性問題」抜きに語ることはできません。

(私のHP http://www.othpage.com/pianolife/ をご覧くださいませ)

自分の音楽を 語るとき、ただ音楽の話題だけを語るのではなく、このことを語りたい、というのがずっと前からの夢でした。

あ~でも、どんな反響があるのでしょうか。どんな反応なのか、それは、やってみないとわからない! 勇気いるけどねcoldsweats01

こういう話題をブログで書くことも今までは、ためらってました。やっぱり誤解とかが多いのですよ。

(何も、”女と男が同じになること”とか”専業主婦を否定している”とか”更衣室もいっしょにするのか”とか、そんなこと誰~も言ってないのに、どこからそんな インネン、いや、誤解・曲解が出てくるのでしょうか。

体格や体力や子どもを産む・産まないなどは、変えることはできないし、変える必要もありませんね。それに家事や育児に専念する女性を否定している訳ではけっしてないのです。

ましてや更衣室をいっしょにするなんて、誰が言ったのかな? いきすぎたジェンダーフリーとか言う人がいるのは悲しいことです。)

*************

もう一つ伝えたいこと、それは、つらい時もめげそうになった時も、音楽を続けていきたいからやってこれた、ということです。それには、今となっては、いろんな人に感謝しています。

いろんなこと、コーヒーを飲みながら考えました。

特に男女共同参画について、さあ、どんな風におしゃべりしようかな、と今日も試行錯誤は続きます。

あけましておめでとうございます

遅ればせながら・・・・

あけましておめでとうございます!

のんびり静かなお正月です。夫と娘は無事、実家へ着いたようでくつろいでいる様子。

ふだんは1人暮らしの義母。孫が小さい頃には、皆が集まると大騒ぎだったオットの実家も、今は孫も大きくなって「おばあちゃん」も年を取りました。

でも元気な義母なんです。よくしゃべるし声が大きい!

私は電話でご挨拶。

1人でおせち食べたり、MCの練習をしたりしてます。

下↓の記事にもあるように、今年は1月31日(土)にライブが待っています。「入場無料・申し込み不要で自由に来てください」方式で、会場もオープンスペースなので、ほんとに当日になってみないと何人来てくれるかわかりません~~~~。

今のところ何人かの方に、ありがたいことに「行くよー」のお返事をいただいてますが、あとは広報、チラシ、口コミだより。

けっこう会場には人数が入るので、まったく私を知らない人にも聞いてほしいと思って、チラシを置かせてもらえる場所で見てもらえるようにしたりしてます。

会場のある加古川は、JRだと神戸三宮から新快速で3つ目の駅で、新快速だと30分かからないと思います。加古川市駅からも徒歩5分くらいの場所なので、お近くの方はyuppiを見に来てくださいませ。

多目的パフォーマンススペースとはいえ、会場設営すると立派なコンサートホールになるんです。(スポットライトもある!)

椅子もゆったりと置けるので、ゆっくり観てもらえると思います。

アットホームなあったかな雰囲気のコンサートにしたいと思っています。

もちろんライブ以外でも、今年もブログを通じて、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)mshine

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ