« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

お疲れさま、Qちゃん

高橋尚子さんが引退を表明。

驚いて最初は「なぜ?」と思ったけど、記者会見を見て納得しました。

もう多くの人がコメントしているように、ほんとうに「お疲れさま」という気持ちです。

2000年のシドニーオリンピック以前は、マラソン自体あまり見ることがなくて、有森裕子さんがメダルを獲得したのが印象に残っている程度でした。

でも、なぜかQちゃんには惹きつけられてしまったのです。

サングラスを投げてスパートした、あの格好良さだけではなく、悲壮感をまったく感じさせなかったゴール後のさわやかな笑顔、インタビューを受けている時の人柄にも。

それまでのマラソン選手には見たことのない姿でした。

その中でも私が印象に残っているのは、2005年の東京国際女子マラソンでの復活優勝です。

たった1度、2位になった2年前の同じレース以来、故障に悩まされ引退も考えたというQちゃんが、35キロ付近で外国勢を一気に引き離し、ガッツポーズで競技場へ入ってきて歓声に応えます。優勝決定後のインタビューでは、多くの人に訴えかけるようなメッセージ。

今、暗闇の中にいる人も夢を持つことで充実した毎日を送ることができる・・・

「走る」という枠を超えて、勇気を与えてくれるQちゃんが私は好きでした。

人気者のQちゃんのこと。練習期間中は、なかなか姿を見られなかったけれど、これからは陸上に関わる人として、タレント活動もされるでしょうし、解説もされるでしょうから、テレビで見る機会も増えそうで、ファンとしては、プロランナーのQちゃんではなくとも楽しみが増えるかもしれませんね。

曲について

レパートリーの曲たちについては、私の子どものようなもの。

今回、よく弾いたり誰かに聞いてもらったりしたことがあるものの、不特定多数の人の前でまだ弾いていなかった曲たちを披露できたことが、うれしいです。

昨年の「しゅくる」では、私の持ち曲もあったけれど2人で完成させる、2人で、どうハーモニーを創るかが課題でした。

私1人で走ってしまってはいけないので、2人で構成を練って考えましたね~、mayaちゃんhappy01

ソロの今年は、本当にいつもいつも弾いている曲ばかり。私のかわいい作品たちばかりです。2ステージの場所が、けっこう離れていたため、どちらのステージでも聞いてほしいので、MC以外は同じ構成にしましたが、まだ未発表の曲もあります。

ジャズピアノ教室の頃から弾いていたもの、新しい分野にチャレンジしたものも取り入れて、師匠といっしょにシンセサイザーで打ち込んだ音源が、ある程度の数になってきたので、そろそろ発表する時期かなと思っていたところでした。

その音源といっしょに弾くのが私の個性だと思って、ストリングスが入っている曲、シンセサイザーらしい音が入っている曲などの説明をMCで入れてみました。

今回はストリートコンサートなので、あまりマイナー系や、癒し系の曲は入れず、ほとんどをスタンダードジャズとポップスにしました。

あとは、癒し系の音が入ったもの、マイナーキーのボサノバなど、スタンダードだけどストリートではちょっと・・という曲もまだあるので、次は、それも披露したいなあと思ってます。

ジャズ特有のアドリブをまわしていく即興演奏には憧れちゃいますが、そして、いつかは、そういうこともしたいと思ってますが、一番得意なのは、じっくりと準備期間をかけて取り組んで熟成させた曲たちが一番自信を持って披露できる、私の宝物たちかなあと思います。

これは、現在の師匠のプロデュースの賜です。音源がこうきたなら、こう弾くという掛け合いのようなもの・・でしょうか。

音源を使って弾くピアノを中心に、時には素で弾くピアノと、時にはメロディオンも取り入れて・・・という風に、もっとバラエティ豊かに増やしていきたいな、と思っています。

衣替えと 達成感と

気がついたら もう衣がえの季節を過ぎている。わたしったら、まだ半袖のパジャマを着て、寒い時は長袖を重ね着。外出もジャケットの下が半袖・・では、もうそろそろ寒いかも。

クリーニングに出さなきゃいけない服がまだ山ほど。あ~、衣替えしなきゃ。

でも「秋」ですね。

秋は、けっこう好きな季節です。春よりは花粉も少ないし、さわやかだし食欲も湧くし。

金木犀の香りがどこからか漂ってきます。う~ん、いい香り。

元町のライブが終わってもう1週間経ちました。早いなあ。

きょう12日は、miyu&doraさんの出演。行けなかったけど、きっと素敵な歌と演奏だったことでしょう。お天気も良かったし。見に行きたかったなあ。

今回、弾いてみて思ったのだけど、私って、MC好きなんだわ、って。

弾くときは真剣なのだけど、MCは緊張しなかった・・・昔、マイクを持ってしゃべるという経験があるせいかな。

まったくの構想なしでMCするのは、まだ慣れてないけれど、ある程度の下地が出来てたら、あとは口慣らしをしておくと大丈夫みたいです。

考えたら、ステージに立つこと、スポットライトを浴びること、人前で話したり演奏すること、そういうことが昔から好きだったような気がします。

中学の時、違う部にいたのに、友達の文化祭のコーラス部の発表を見て、そのステージに惹きつけられて転部したし、やっぱり高校もコーラス部で衣装を着てステージに立つのが好きだったし、短大では、マンドリンクラブのクラシックギターで、やはりステージに立ったし。

仕事では、衣装を着てエレクトーンを弾くのが好きだったし、ちょっとしたMCでライトを浴びたし。

私って、けっこう人前に出るのが好きなのかも。

そして、感想。

今回いろいろな人に見ていただいて、感想をもらって、それがすごくうれしかったですね。

感想や意見っていうのは、今まで怖いものだと思っていたけれど、すごく励みになるものだったんですね。

そう思うと、衣装を着て人前に出、パフォーマンスをして感想をもらう、そういうことが本来、好きな人間なのだなあと、なんとなく思いました。

次は、どんな曲を弾こうとか、どんなことしゃべろうとか考えるとワクワクするんですね。

時々、人と比べてしまって音楽の基礎力のなさに、どよ~んと落ち込むことも多々あるのだけど。

でも、やっぱり好きなのだなあ、表現することが。

ブログも表現の一つだし。

人前に出るってことは、緊張を良い方のストレスに変えてくれるのかもしれません。

そして私が何よりも好きなのは、その後の達成感。それが、いいんですね。

、いう訳で、衣替えしなきゃ~。衣装もいることだし・・・ね。

2回目の「元町」を終えて

昨年は「しゅくる」として2人で出演した元町ミューッジックウィークのストリートコンサート。

Mmw20083_3 今年はソロにチャレンジ。

元町商店街4丁目の「まちづくり会館」は、ロビーを使った室内だったので、意外に音響が良かったです。人も少ないかなと思ったけど、そんなこともなく、椅子に座ってゆったりと観てもらえました。

昨年の「しゅくる」の相方、まやちゃん(yacoちゃん改め)、お手伝いに来てくれ、12日出演の miyu&doraさん も下見を兼ねて見に来てくれました。

6曲を弾き終えて、大丸トアロード側入り口まで移動。

昨年はピアノの音が聞こえにくかったけれど、今回はバッチリ。ただ、サスティンペダルが効かなくて、あせりました(^^;)

しかも、ガムテープでしっかり貼ったはずのサスティンペダル、ピアノの位置が、ちょっとだけ坂になっていて、踏むたびにずれていく・・・・coldsweats02

最後の曲、「心の愛」でメロディオンを吹いた後、ピアノに向かった後は、もうサスティンペダルはどこに?状態。どうせ効かないから、もういいワと開き直り状態で弾いてました。

1ステージ目の方のピアノが良かっただけに、大丸前のピアノは「う~ん」・・・・

それでも、なんとか弾き終え、高校時代の友人やサークル時代の友人も見に来てくれて、まあまあ力は出し切ったかな?

なんかホーッとしました。

MCは練習しておいて正解でした。昔、マイクを握った感覚がよみがえり、目線もくばれたし笑顔も出たし。MCマイクがハンドマイクだったのも良かったです。

次なる目標は、おしゃべりコンサートかなheart04

ともかく今年の2ステージ、このブログで応援してくださった皆さまにも大いに励まされました。

ありがとうございました!

無事終了しました ありがとうございました

元町ミュージックウィーク、ストリートコンサート2ステージ、無事終了しました。

今日がストリートコンサートの初日なのですが、私は早々と(^^)・・・

お天気が良くて歩いてると、ちょっと汗ばむくらいの秋の陽気でした。

見に来てくださった方、応援してくださった方、ありがとうございました。

今日は取り急ぎ報告です。

またレポートいたしますね~confident

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ