« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

デートDVについて話す

メールチェックをしていたら、デートDVについてのサイトが紹介されていたので、娘と話し合いました。

「デートDV」とは、パートナーからの暴力のことですが、DV防止法に謳われている「配偶者からの暴力」とは違い、配偶者ではない、たとえば彼氏などからの暴力のこと。

暴力と一口に言っても、「身体的」「精神的」「経済的」「性的」など色々な暴力があります。そのどれもが対等なパートナーシップとは言えないもので、悩んでいる人もかなり多いそう。

パートナーとの関係は、お互いに尊重しあう関係でいたいもの。

10代の子たちは、それについて知っている子もいれば、知らない子もけっこういるそうです。

自分や友達が悩んでいたら、親や信頼できる大人に「相談してね」と伝え、誰もいなかったら、相談機関に電話したり、警察へ相談したりすることも出来るので、そのことを伝えました。

これって、とても重要なことだと思うのです。

彼女に言わせると、「結婚する前に一度、同棲してみるのがいいよなあ」とのこと。

うんうん、それは賛成。

暴力をふるう人でないかどうか、一緒に子育てできる人かどうか、生活を共にしながら、よ~く見極めることは非常に大切だと私も思います。彼女も自分なりに考えてるのね、と納得。

いつも、対等な人間関係でいたいものです。

デートDVについてのサイトを検索してみました。

http://www.nakamura-u.ac.jp/~hoken/date-DV.htm

こちらは、ドメスティックバイオレンスについて。デートDVについても載っています。

http://nwsnet.or.jp/index.html

また、精神的(心理的)・経済的などの暴力は、モラルハラスメントと呼ばれることも多くなってきました。

(モラルハラスメント、モラハラ、などで検索すれば出てきます。ちなみにリンクしているブログ「カウンセラーママの日々つれづれ」の惠美さんは、モラルハラスメントに詳しいですよ

ネットで おこづかい

娘からのオススメで、おもしろいサイトを見つけました。

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

送られてくるメールのクリック広告をクリックすれば、ポイントが貯まるというシステムだそうです。

広告は、大手のものが多く怪しげな所はなさそうです。

まず登録すれば、登録のお礼ポイントがついてきます。

また、お友達を紹介すれば、そのお友達にポイントがプレゼントされます。

そのお友達がクリックしてくれると、自分にもお友達にもポイントになるそうで、けっこうお得sign01

1回のポイント数は少ないですが、チリも積もれば何とかで、娘は、けっこう貯めてました。

パソコンならお財布ゲーム、携帯ならお財布クジというのがあって、それによってもポイントが貯まります。

ログインすればサイトの中に色々な広告があるので、そこから登録したり、商品を購入したりすれば、それもポイントになります。たとえば、「旅行」だったら、このサイトを通して予約すれば、ポイントが貯まります。

登録も無料だし、何も投資はいらないので安心。

私は、先日書いた新製品も欲しいことだし、ネット以外でもちょっとずつ貯金をしていくつもりなので、うれしいサイトですheart01

興味を持たれた方、ぜひ上のバナーから、ご登録くださいませhappy01

わからないことがあれば、yuppiまで メールをください。

お待ちしております~confident 

魅力的な新製品

新製品情報をゲットしました。

シンセの音源を再生する音楽用製品で、新しいのが出たらしく、音もすごくいいそうです。

今まで使っていた再生プレーヤーは、音が粗いのと、記録メディアも古くなってきたので、音が良いものはないかな、と探していたところだったので、これはうれしい!

前のより価格はちょっと高めですが、でも手が出ないほどの値段ではなく買えそうな価格なのもいいですねぇ~。

ああー、ほしいなあ。

これなら、ライブをする時に”いい音”でお客さんに聞いてもらえる!

それが魅力です。さらにパソコンに音源を取り込めば、CDに焼くことも出来る!

最近のデジタル機器は、本当に移りが早くて着いていくのが大変だったのですが、これは記録メディアもSDカードで、長く使えそう。

やはり”いい音”なのは魅力です。

ちょっと貯めたら買えそうな値段。これは早くゲットしたいheart04

元町ミュージックウィークまでに間に合うかな。

ひさびさの再会

きのうの日曜日、友人のNPO主催の講演会&交流会に参加してきました。

講演会のテーマは「女性と家族」というタイトルで、なかなか深い内容です。ひさびさに知的な刺激を受けてきた感じ。

で、フロアからの質問タイムに、質問するつもりだった訳ではないのだけど、興味あるお話を聞くと、感想を言ったり質問をしたくなるタイプの私。やっぱりマイクを握ってしまいました。

なんだか、うまく言葉にできず、うまく言い表すことができなくて、ちゃんと伝わったかなぁ、後で”こんな風に言えば良かった”なんて思いました。

こんな時、話し慣れている人は上手に質問したり感想を話したりするのだけど・・・・、でも、せっかく出てきたのだから、ちゃんと聞きたいことを聞いておかなくちゃ!と、こういう時は欲が出ます。

で、まあまあ満足かなぁという応えももらえました。

この講演会には、なつかしい人を誘って出かけました。

もうかなり前なのだけど、「自己尊重トレーニング」「アサーティブトレーニング」というグループワークを受けに通っていた時代があり、そのグループで出会った数人と、月1~2回くらいの割合で定期的に会っていたことがありました。

会って話す内容は、自分のことを話し、人の話を批判しないで聞く、というもの。それによって自分の感情に気づいたり、相手を大切にしたり、という仲間意識が生まれたり、社会に目を向ける機会を持ったりと、いろいろな体験ができる訳です。

そんな貴重な経験をしてきた仲間たちも、最近では年賀状のやり取りくらいだけのおつき合いだったので、その中の一人Mさんにメールして誘ってみました。

それで主催側の友人Oさんと、お誘いした友人Mさんと私の3人は、何年ぶり?くらいの、なつかしい再会になりました。

もう一人、夫の転勤で今は京都にいる仲間Sちゃんの年賀状を持って行き、住所とメールアドレスを確認。

京都にいるSちゃんは、今、子育て真っ最中で、年賀状にはいつも可愛い子どもさんの写真が写っています。

きのうの再会に刺激を受けて、今日はSちゃんにもメールしてみたら、元気な返事が返ってきて、ひとしきり盛り上がりましたshine

ちょうど昨日の講演会の中でも、「血縁だけではない、人的資源(ネットワーク)は、離れていても大事」というお話しもあり、やっぱり”人と繋がる”って大切だよなあ~と、改めて思った日でした。

私は、もともとあまり社交的ではないので、交流会なども本当は苦手なのですが、いっしょに行ったMさんもいることだし・・と参加してきました。

そうしたら、よく見る顔ぶれも、ちらほら。

あっ!そうです、講演会終了後にタレントの遙洋子さんが来ているのを発見!

講師のお話しを聞きに来られていた様子ですが、その空間だけどこか雰囲気が違う、「やっぱりタレントさんだなあ」という華やかな雰囲気を醸しだしていましたねぇ。

なんか得した気分。

私は、4~5年くらい前だったか一時期、誰にも会いたくない、一人でも寂しくない、孤独を感じない時期があったんです。でも、あの時、人間関係の煩わしさを避けていた時期だっただけで、本当は、”さみしがりや”なのかもしれない、なんて最近思います。

2~3年くらい前からは、”本当に大切な人たちとは繋がっていたい”と強く思うようになりました。

そのことを、これからも音楽を通して実行していけたらいいな、いろんな人たちと交流できたらいいなあheart02と実感するこの頃です。

”マイ・ワールド”

4月からNHKで放送されている「今日からあなたもジャズピアニスト」という番組を毎週見ています。

この番組の講師は、もうファンになって10年くらいたつでしょうか。

ジャズピアニストの国府弘子さん。

やはりNHKの番組に出演していたのを見て、当時ジャズピアノを習い始めたばかりだったので、すぐにファンになりました。

年代もあまり変わらず、少しだけお姉さまの弘子さん。でも、ピアノ歴は、かなり違います。何しろ子どもの頃にクラシック、そして音大で勉強し、ジャズにあこがれて単身ニューヨークに渡り、その後デビューしてから20年(?)くらいになるのでしょうか。バリバリのピアニストさんです。

今の番組は、ジャズピアノの基礎から説明してくれるので、私も、「うんうん、こういうの習ったな」とか、「あっ、そんな弾き方もあったのか」とかいう発見があって面白いです。

ジャズピアノの先生の所へ飛び込んだ私は、当時、電子オルガンを弾いていたのです。でも、ピアノをやっぱり弾きたい!と思い、張り紙を見つけて即、電話しました。そうしたら、たまたまその先生がジャズを弾かれる先生だったんです。

ジャズピアノの魅力的な響きに、すぐ夢中になって練習したものです。

でも、それまでの私は、ラジオ少女だった時代も大人になってからも、ポップスやAORなんてのも、よく聞きました。

カーペンターズは、もちろんのこと。AORでは、ボズ・スキャッグス、クリストファー・クロスなども大好きで、ビリー・ジョエルとかアバとか・・・・、そういう系のものをよく聞いていたので、アドリブなんかも、ポップスでよく使われるフレーズを覚えたりして、あんな風に弾けたらいいな、なんて思っていたので、ジャズの名盤などは、あまり聞いてないのです。

かなり前ですがNHKで「青春のポップス」という番組があり、そこで歌われる洋楽は、そんな私にピッタリって感じだったかなあ。

ただ、最近の洋楽はリズム指向が多くて、昔の曲のようにメロディックなものが少ないのが残念。

だからどうしても、70年代後半から80年代、90年代初めのバラードなどが好きなんですねぇ。

国府弘子さんを初めて見た番組は「ときめき夢サウンド」という番組で、やはりスタンダードナンバー中心でした。ジャズもあったけど、ポップスや映画音楽なども多かったかな。

そんな曲を、弘子さん風にアレンジして弾いているのが魅力的でした。

その国府弘子さん、ライブは何回か見に行ったし、CDもたくさん買ってよく聞きましたよ。だから、私は、ジャズの巨匠の名盤よりも、「国府弘子ワールド」の影響が強いかも。

以前通っていたジャズピアノの先生の影響も受けています。その先生も、ジャズというよりもスタンダードナンバーをジャズにアレンジして弾く、ユニークな先生で、コードの押さえ方などは独特の綺麗な響きでした。

今の先生とは、商売がたき(?)かもしれないけど、どちらの影響も受けてますねー。現在の先生のレッスンは、今の時点で欠かせないレッスンだし。

ジャズピアノ教室で積み上げてきた曲を、今のレッスンで形に残してきた感じです。

そうそう、先日の国府弘子さんの番組では、ゲストに”40歳からピアノを始めて20年、今ではジャズをバリバリこなすアマチュアピアニストさん”が出ていらっしゃいました。本業は、教授だそうで、忙しい時間を縫って練習にいそしんだとか。

そんな風に聞くと、今からでも遅くはないんですねー。今の私なんて、ひよこみたいなもので、まだまだ、”これから自分の世界を創っていけるんだ”と元気をもらいました。

部屋の片づけ

Risa_album 娘の振り袖写真が送られてきました。

なかなかステキに仕上がってますぞ。あ~、自分の時は、こんなんじゃなかったな~と、ますます思います。

ところで、このアルバムを何処へしまおうかと、一思案。片づけるには、ごちゃごちゃしている物たちを処分しなければ入らないのです。

これでも私、インテリアが好きだし物の整理も得意だったはず。なのに、この頃ったら、リビングを娘に占領されて、どんどんどんどん娘の物が増え、お客さまも呼べない状態なんだから。

以前は、時々、友達も遊びに来たりしてたのです。

でも、いつの頃からか(娘にリビングを占領されてからかも)、友達を呼べないわが家になってしまいました。う~ん、悔しい。。。

しかたなく、古い物を少しずつ処分して、なんとかアルバム類の入っている棚へ収納。

卒業アルバムやら、昔の写真やら入っている棚なので、ずーっと前の写真も見てしまいます。

その中に、通販で買ったクラシックピアノの楽譜ファイルを見つけました。

クラシック。ちょっと挑戦してみようかなと買ったCD付きのもので、一時、弾いてみたことがあります。・・・が、結果は、やはり私にはクラシックは合わないわ~ということに・・・。

その代わり、クラシック以外のCDは山ほどありますが。

クラシックは、フジコ・ヘミングくらいでしょうか。彼女のピアノだけは、聞けるのですね。

さて今度の日曜日は、友人主催の講演会へ行ってきます。友達を家へ招待できない代わりに会いに出かけることは楽しみにしています。

いっしょに行く人は、昨年の元町ミュージックウィークにも来てくれた友人で、もうかなり古いおつき合いになります。が、長い間、ゆっくり会っていなくて、年賀状のやり取りで、携帯メールを知ったという関係。

どんな講演会になるのか楽しみです。

ワークライフバランス

先日、写真撮影をした娘がもう来年二十歳、早いものです。

その娘は、小さい頃から私が電子オルガンやピアノを弾くのを、ずっと見てきてる訳です。だから、練習していても何~も言わない、あ~また弾いてるわ、と思う程度なんでしょうね。

小さい頃は、それなりに大変でした。

子育てと音楽。両立するには、私にはエネルギーの要る仕事でした。その頃の夫は、自分に余裕がなく(本人弁)私を精神的にサポートするなんて出来なかったんだと今になって思います。

この頃、「ワークライフバランス」という言葉が脚光を浴びるようになりました。「ワーク」と「ライフ」、「仕事」と「生活」のバランス。

仕事にもいろいろありますから、その中には収入を伴わない家事や子育ても中に入ると思うのです。それと、自分自身の時間とのバランス。

男性も女性も、今、それが求められているそうです。

私の場合は、う~ん、なかなか精神的にはバランスが取れてなかったなぁ、その分、今は精神的にもゆとりが出てきて、音楽を続けるのも楽になってきました。

子どもが成長するに伴って、私も、ウェディングの電子オルガン奏者だった時代、ジャズピアノに夢中になった頃、そして今のスタイルと、音楽ジャンルも楽器も移り変わってきました。

いわゆる仕事も、「音楽」と「何らかの仕事」という形で、常に二足のわらじでやってきて、ようやく今は音楽に専念できる環境になってきました。

そして今の音楽ジャンルは、何だろう? 「シンセ&ピアノ演奏とメロディオン演奏」ってとこでしょうか。

一時ほどジャズ一筋ではなくなり、スタンダードジャズとポピュラー・ボサノバといったジャンルが多くなってきました。

音楽スタイルも、子育ても、生活も、振り返ってみれば色々だったなあと、なんかしみじみ思います。

ちょっとまとまりがつきませんが、要するに「みんな、ワークライフバランスを大切にしましょうね~」って所ですかね。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ