« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

振り袖撮影

200804302 先日、娘の振り袖写真を撮りに行きました。

この写真は、サービスでついている、携帯からダウンロードできる画像。

パックでついている価格のアルバムは、2ショットだけのサービスですが、ほかにも色々な種類のものがあり、迷ってしまいます。

写真も何ポーズも撮るので、その中から選ぶとなると、あれもこれも、となってしまい、財布の中が・・・・あーっという間に少なくなりそうな価格に。

何ポーズか撮って、パソコン画面で選ぶシステムで、お宮参りの赤ちゃん家族も、1歳くらいの女の子も撮影に来ていました。他にも娘同様、成人式の前撮り写真を撮りに来ている家族も。

「いい商売やなあ」と話しながら帰りましたが、ほんと、あれもこれも。。となってしまう親心をついた商法ですぞ。

まあ、でも、いい記念にはなりました。着物を着せるのは七五三以来だから、撮影中の娘を見て改めて、大人になったなぁと思いました。

ところで私のプロフィール写真も、こんな感じの所で撮ったのですが、そこは子ども専門写真館だったため、メイクも自分でしていったのですが、ここは大人のメイクも着付けもしてくれるそう。証明写真だって撮ってくれるとか。これは、いいですね。

証明写真なんて、顔色がさえなかったり人相がもう一つだったりするのですが、ここだと、まるでモデルさんのようにして撮ってくれます。

画面で写真の確認ができるのも魅力。

ま、ちょっと値は張るけれどね。

ヨガでリフレッシュ

最近はやりのヨガですが、私は、けっこう前からやっています。

以前スポーツクラブに行っていた頃に、数ポーズ覚えたものを家で実践。

誰にでもできる簡単なポーズで、無理せず気持ちいいところで、息を吐きながら数秒止めます。そして、休みを入れて、じわ~っと余韻を味わいます。

スポーツクラブでは1時間半ほど、じっくりと取り組みますが、家では、体を動かしたくなったり、ピアノの練習の合間に、数ポーズ。

息を鼻から吸ってお腹に入れて、吐くときもお腹からハーッと吐きます。この呼吸法がとても良いそう。

太っている人はスマートに、やせている人は、ふっくらと、ちょうどいい体型になるそうです。

最近流行のはハードなヨガも多いですが、私のやっていたのは本当に無理なくできるものなので、とても気持ちいいのです。

リフレッシュには、ヨガ。

余談ですが、その頃通っていたスポーツクラブに、漫才師の故若井こづえさんが先生として来てらっしゃって、その時間のクラスは大人気でした。

テレビで見るより派手でなく、面白かったですよ。

yacoちゃんからのプレゼント

今年もまた、秋の「元町ミュージックウィーク」に出る予定です。

昨年「しゅくる」として、yacoちゃんと二人で出演した神戸の音楽イベント。今年も一緒に、また新しいメンバーさんも加わって出るつもりでした。

そのイベントに、yacoちゃんからの提案で、今年は一人で出ようということになりました。

yacoちゃんは、アコーディオンで新しいメンバーさんと出る予定で、yacoちゃんのグループと、私yuppiの2グループが連携を取り合っていこうという話になりました。

これは、今年は一人でチャレンジしてみたら?という yacoちゃんから、昨年の「しゅくる」からのプレゼントpresentだと思ってます。一人というとドキドキしますが、昨年、二人で出たおかげで雰囲気はわかっているし、今年は、お互いに応援しあおうという形になると思います。

せっかくのプレゼントだから、お言葉に甘えて、yuppiの演奏を、大好きな”神戸”、いつも庭のように散歩している”元町”の皆さんに聞いてもらおうかな、と思います。

元町のイベントは、yuppiの演奏を聞いてもらう為の、そして自分の力を試す為のワンステップ。

これから先、仕事として演奏することも視野に入れているので、そのステップを頑張りたいと思っています。先生から背中を押されたのも、かなり効きましたcoldsweats01

まずは、審査に応募する為のデモテープ作りから。まだ時間があるので、ゆっくり取り組めそうです。

昨年の”元町”以来、しばらく足踏み状態でしたが、これでモチベーションを上げていけそうですheart01

さっそくの練習!

さて心機一転、さっそく練習をがんばりました。

まずピアノの前に座る前に、楽譜一式を持ってきて、曲の順番などステージングの構成を練り、練習する曲を検討。

いきなり「全部 暗譜」は大変なので、少しずつ弾き込んでいくことにします。コツコツいきますかね。

今年から来年にかけて、やりたいことがあるのです。

まずは、昨年出演した地元の音楽祭に、今年は新メンバーさんも加わって参加する予定。

それから、私の前からの夢である、小さなコンサートを開きたいんです。

2部構成で、1部には講師を呼んでお話ししてもらい、もう1部には私のピアノに少しおしゃべりも入れて聞いてもらうというミニコンサート。

知人のNPOに手助けしてもらい、ぜひ実現したいと思ってます。

夢の実現。そのためにも、一日一日を大切に弾いていきたいです。

もったいないよ スマートメディア

昨日のレッスンのついでに、midiファイルを作る時に使うスマートメディアを買いに行きました。

私が使っているデジカメも数年前のもので、このスマートメディアを使うのでカメラ屋さんを覗いてみたら、もうスマートメディアは店頭に並んでいないのです。

いつも行く○△カメラ店では、「注文してもなかなか入らないんですよ」って。。。メーカーが新しい商品をどんどん出すので、古いものは作らなくなってくるそうです。だから新しいデジカメを買ったほうが安いのだとか。

そんなぁ~。

音楽にも、カメラにも必要なのに。まだ、そんなに経ってないのに、もったいない!

でも、別のカメラ店に行ったら、親切に取り寄せてくれて、電話してくれると言うじゃないですか!

カメラ店の対応も全然違ってて、○△店の不親切さにも腹が立ったし、そういう業界の売り方にも疑問を感じました。

今どき「使い捨て」時代でもないでしょう!?

それなのに相変わらず、PCといい、電化製品といい、「部品のほうが高いから新しい商品を買ったほうがお得」なんてことが、まだまだ多いんですもん。

リサイクル時代だというのに、そんなやり方、もったいないよ。

物を大切に扱わないと・・・ねぇ!

ひさびさのレッスンにて

少し休んでいたレッスンに行ってきました。

で、先生にハッパをかけられましたcoldsweats01

すごく優しい先生だから、きつい口調ではないのですが諭されたっていう感じ。まあ当たり前のことを、当たり前にやっていればいいことだったのですが、やる気が失せている私が見えたのでしょう。

「精神力をつけて」ということを言われました。

ここ数ヶ月、何のために音楽をやっているのか自分で分からなくなってたのです。こんなことは、めったにないのだけど。

本来、けっこう精神的には強いと自分で思っていた私。それが、なぜか何に対してもやる気がおきず、前向きになれない、心身不調に陥っていたような気がします。

思い当たる原因は、数年前までプライベートで余りにも色々な事があり、その余波かな~なんて思っていたのですが、最近は落ち着いていたので、絶対これ!というようなものもなく、なんとなく落ち込んでました。

特に音楽に対しては、いつの頃からかつけられた自分へのマイナスメッセージで、弱気になってしまう私。

音楽をやめようと思ったことは、めったにないのですが、やめようかな、などという考えがよぎったことも・・・

そんな状態を見透かされました。

出来ないのではなく、やらないんだということを、それとなく言い当てられたような気がします。

いつも「出来るよ」と言ってくれる先生。

好きなことと、やれることは違うけど、好きだからこそ出来ることもある、って考えたいですね。

音楽をやめて、どうするの?と自分に問いかけてみたら、他にないよなあと、やはり思う自分。

今の私には、背中を押してくれる人の存在が必要だったのです。師匠というのは、そういう存在なのですねー。

何も誰かに強いられているのではなく、自分から好きで始めたこと。

どんな世界でも苦労はつきものだから。

今まで色々なことをしてきたけれど、消去法でいくと音楽だけは手放せない自分がいるのです。

技術的にものすごくなくても、心を込めてピアノを弾き、それを共有したい、そして聞いてくださる人に何か伝わるような演奏をしたい、と思います。

私、音楽はやめられないです!べつに、やめる必要もないのだけどね(^^;) それには練習、練習。

心を入れ替えて、明日(日付が変わったので今日)から頑張ります!

自分に言ってやる意味で、ブログに書いてみました。

イチゴと桜と振り袖と....etc

Strowberry

今日のデザートは、今まさに旬の苺。

おいしかったですheart01

陽気に誘われて、こちらのほうでも桜が満開です。cherryblossom今日は雨だったけど、昨日の日曜日はお花見日よりでした。

そんな中、きのうは娘の来年の成人式の振り袖を見てきました。成人式の振り袖レンタルって、1年くらい前から予約が始まるんだそうです。

ただ、彼女はスーツで行くつもりらしく、写真撮影の振り袖を選びに行きました。レンタルショップの店員さんは「一生に一回よ」と、当日、着ていくことをしきりに勧めてましたが・・・、当日の大変さを考えると、べつにスーツでもいいんじゃない?という私の意見にも押されてか娘も「写真だけ撮っておきたい」ということに。

実際に振り袖を見てみると、その華やかさに心奪われます。

私の時は、母が買ってくれたけれど、そんなに何回も着ることもなかったんです。当時はレンタルもあまり普及していなかったから、母は「一生に一回」と買ってくれたのですが。

あまり自分好みの色ではなかったので、娘には鮮やかな色を勧めていたら、やっぱり店員さんも鮮やかな赤の着物を持ってきてくれました。

なんだか春の陽気と振り袖の華やかさがマッチした日でした。

さて、今日は今度のレッスンに備えて、音源を作りかけのジャズバラード「I Remember Crifford」を少し練習。

ほかの曲も何曲か今までのストックを弾いてみました。

やっぱりね、弾き込んである曲は暗譜で弾けるんです。先生は「本番の時は暗譜ね」って!

何回も練習してる曲はコードをうろ覚えでも、手が覚えていて弾けるけれど、あまり弾いてない曲は楽譜と睨めっこしないとコードが分からない、でも、本番では暗譜してるくらいの方が安心して弾けるのです。

本番のつもりで弾いてみると、なんか「怖い」という気持ちが出てきて。

フジコ・ヘミングも言っています。

自分の音が出る怖さ、間違えることが怖いというよりもピアノを弾くと、全部自分が出てしまうことの怖さ。

なんか、それがすごく分かるような気がしました。

自分が出るんですね、楽器というのは。

今までにも、感じていたけど感じきれてなかった感情を発見。その感情ごと演奏も出し切れてしまえば怖くなくなるのかな? なんか、うまく言えないけど。

あっという間に4月

関東では桜が満開とか。

こちらのほうは満開になるのは、いつも入学式のシーズンですが、さて今年はどうでしょう。

私自身は調子を崩しているこの頃です。先日はyacoちゃんの発表会もあり、見に行きたかったのに見に行けず、ジャムセッションも行きたかったのにこれも先送り。

この間は、外出がつらくて仕事を家にFAXしてもらい、やっと仕上げました。とほほ。。です。

ちょっとこれは、「今は、ちょっとだけゆっくりしなさいよ」というメッセージなのかしらん? 今のうちにゆっくりしていなさい、そのうちに、やりたいことが出来るようになるから・・・という体からのメッセージなのだと思うようにしています。

こんな時は、つい、あせってしまうのですが、あせらずにボチボチいきますか・・・。

・・と、いう間に4月に入りますね。

冬ごもりの冬と、まだモゴモゴの春ですが、マイペースをこころがけようと思います。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ