« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

きょうの練習

ひさしぶりにスムーズにピアノを弾けた今日でした。

暖かくなってきたのは大きな要因です。なにしろ寒くて手がかじかんで、練習するのがつらかった2月までとは違い、ピアノに向かうのも苦にならなくなってきました。

シンセで打ち込んだ音といっしょに、弾き込んでいるレパートリーを順調に弾ける日は、とても気持ちいいshine

何も考えず、音と一体になれる今日みたいな日は、なかなかないのですが、それができた日は、純粋に音楽を楽しんでいる自分がいます。

弾きながら思ったのですが、曲によって、今まで就いてきた師匠のカラーが出ています。その時の先生に教わったコードの押さえ方や弾き方が、その先生らしさに私のアレンジが加わって、自分のものになっているなあと、面白く思いながら弾きました。

そして、新しいチャレンジの一つは・・・一度ジャズのセッションに行ってみようかと思っているところです。家で一人で弾く練習と、誰かといっしょに即興でセッションをやってみる、この両方をすると上達するのだろうなあ。

飛び込んでみるのは勇気がいるけれど、一度挑戦してみたいと思っています。

精神的な重圧

注目されていた名古屋国際女子マラソン、Qちゃんの早い段階での失速にはビックリしました。

今までなんだかんだと言われても、悪くて2位、3位。Qちゃんの実績はすごいのです。初マラソンが7位、その後は6連勝。2位の後、復活優勝。

それでも色々言われるのだから大変だなあと思っていたら、今回は体調不良でもあったのでしょうか。足の手術もしたそうですが直前には順調な仕上がり具合だったというニュースも流れていたし、10日前には素晴らしい走りを見せていたそうです。

原因は分からないけれど、スポーツを「観る」のが好きな私。分析してみると・・・

ずいぶん前の話になりますが、1992年のアルベールビルオリンピック。フィギュアスケートで金メダルを期待されていた伊藤みどりさんは、直前まで順調な仕上がりだったのが、試合が近づくにつれて、武器のトリブルアクセルが決まらなくなってしまった、

そして、ショートプログラムでは得意のジャンプを転倒、その後のフリーで一度転びながらも、トリプルアクセルを決めて銀メダルを獲得しました。

あの時も、金メダルは間違いないくらい彼女の実力はすごかったのですが、直前になってからの不調は、やはり精神的な重圧だったようです。

プレッシャーが知らず知らずのうちに体をいつも通りに動けなくさせてしまう、ということも考えられるので、オリンピック選考会ともなれば、Qちゃんもそうだったのかもしれません。

ただ、彼女の人気はやはりすごくて、沿道からの声援はもちろん、掲示板にも「完走して勇気をもらった」「よくがんばった」「ありがとう」というメッセージが続々。Qちゃんの人柄を表していると思いました。

まだまだ挑戦し続けるQちゃん、これからも自分のペースでがんばってほしいです。何よりもリラックスして走ってほしいです。

とともに、音楽もリラックスして演奏することの大切さを考えさせられたような気がします。

思い返せば、私、ブライダルの仕事で初めて弾いた日。もう10年以上前になりますが、手がふるえていたんです。その日は何とか最後までやり過ごしたものの、あんなに緊張したのは初めてだったかも。

肩の力を抜いて臨むことが大事なのかもしれませんね。

3年後の自分

またまた感動と共感の「ことば」をもらいました。

前にもご紹介した、こと葉さんのブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/writer/diary/200803010000/

「すでにある勇気」というタイトルの日記には、「人は決めたらできるのです」、「3年後の自分をイメージしてください」、とあります。

具体的な夢や、やりたい仕事があるとき、半年後のことは想像がつかなくても3年後ならイメージできるのではないでしょうか、と。

人は誰でも赤ん坊の時、何もできない状態で生まれてきたのに、自分で立って、言葉を話し、生きている、本来、人は成長したいと願っている、との言葉に本当に共感します。

私も今、動けないなりにも、できることを一生懸命やっています。今年になって登録した団体からHPのプロフィールの校正があがってきました。

なんだか身の引き締まる思いがしました。

私も3年後ならイメージできるかな、と思います。

1日、1日、年を重ねていくけれど、3年後はどうなっていたいか、それを想像することはできるのです。

あなたは、どうですか? 3年後イメージできますか? イメージできたら、きっとそれに近づいていく自分がいるはず。イメージトレーニングというのを聞いたことがあるけれど、そういうことなのかな、と思います。Qちゃんの言う「あきらめなければ夢はかなう」とも通じるものがあります。

私も、それらの言葉を常に胸に抱いていきたいです。heart01

がんばれQちゃん

もう3月に入ってしまいました。

なんか早いなぁ・・・

なぜなのか、どうもガソリン切れのような状態のこの頃です。やる気があるんだけど、ここひとつ動けない・・・なんとも、もどかしい。

アクティブに動きたいように動いていた時期が私にもあったのに、ここ何年かは年齢を感じてしまいます。な~んて言ったら、ご高齢でもアクティブな方は多いのに、失礼ですよね。でも、ほんと、そうなんです。

季節の変わり目だからか、どうも落ち着かない、この頃。練習しなきゃ、しなきゃ、という気持ちばかりあせります。

そんな私の楽しみは、あと1週間に迫った名古屋国際女子マラソン。

高橋尚子さんが好きな私は、とても楽しみなのです。周りからいろいろと言われても、いやなことも、やめてしまいたい時もあるだろうに、いつも前を向き、「あきらめなければ夢はかなうんだ、という走りを見せたい」というQちゃん。

「あきらめなければ夢はかなう」ということばは、私の座右の銘みたいなものなので、すごく共感するのです。

苦しい時はスポーツ選手のがんばりを思い出しては、励まされてます。

ここの所の動向を見る限りでは、Qちゃんが勝つでしょう。もうほとんど、そう信じてます。そしてオリンピックでも、ぜひがんばってほしいです。

Qちゃんの姿勢は、いろいろな人の心を励まし続けていると思うのです。そして、私もそんな音楽家でありたいです。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ