« 弾き方 あれやこれや | トップページ | もうひとつ勇気づけられたこと »

心を込めて

先日、大人からピアノを始めた人と出会いました。ネットの中でですが。ここのブログも見てくださったようです。

私は小学校4年生くらいまで、当時はやっていたオルガン教室へ通い、たしか5年生の途中くらいまでピアノを習っていました。本当は弾くことが好きだったにもかかわらず、なんだかつまらなくなって途中でやめてしまいました。

ずっと聴くことはしていたし、短大の時にはクラシックギターもやってみたけれど、やはり鍵盤楽器が好きで、大人になってからブライダルプレーヤー養成教室に出かけました。そこの先生がハモンドオルガンを弾く先生だったので、今もあのハモンドの音色は大好きです。

ブライダルでは、だいたいヤマハのエレクトーンを弾くことがほとんどで、でも、家にある電子オルガンは別機種のものだったので、披露宴会場へ平日に出かけて練習したり、音色をフロッピーに入れて準備したり、しょっちゅうしていました。

それから、ピアノをやろうと思い、偶然にもジャズピアノの先生についた訳ですが、いきなりジャズ理論を習ったので、ボピュラーピアノをすっ飛ばしてしまった感じ。なので、今の教室では、ジャンルにあまりこだわらずに色々な曲をやっています。

で、私みたいな人はそんなにいないだろうと思っていたら、いらっしゃるのですねー、けっこう。大人からピアノを始めた人って。

しかも、セミプロなみ、いやプロになった方も少なくないようで、これには励まされました。子どもの時に”習わされる”のと違って、みなさん情熱をもって練習されるから、上達が早いのでしょう、きっと。

さまざまな人生経験から奏でられるピアノ。そこには、「こころ」があります。

長いことやっていると忘れがちになりそうなことを、もう一度教えてもらったような感じで、反省することしきり。

私も、心を大切に弾きたい、とずっと思ってましたから。もちろん、技術は必要だし、早くから専門教育を受けた人と比べるとハンディはあります。それでも、心を奏でるピアニストになることは可能なのだと勇気をもらいました。

いちおう私も、なんだかんだの人生経験はしているので、魂をこめて弾けば、伝わるのではないかな、なんて、そんなことを思わされた出来事でした。

« 弾き方 あれやこれや | トップページ | もうひとつ勇気づけられたこと »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弾き方 あれやこれや | トップページ | もうひとつ勇気づけられたこと »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ