« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

もうすぐ春

2月も後半に入り、少し寒さも和らいだ感じのするこの頃。この冬は、なんか冬ごもり状態だったのですが・・・・

やっと、そろそろと動こうかなという計画が少しずつ浮かび上がって来ました。

一つは人とやる演奏、もう一つは勉強も兼ねての楽しみ、一つは一人でする演奏・・・と、いろいろと計画を練っています。

また今年も練習に出かける時間が増えそうです。

生活にもメリハリを持たせて、元気でポジティブに過ごせたらいいな、と思います。

そんな風に考えていたら、通信高校生の娘も「友達からアルバイトに誘われた」なんて言ってました。

中学で不登校になり、通信制高校に進学した娘なのですが、月2回のスクーリングと、時々、友達と遊びに行くくらいで、どうしても家に引きこもりがちになるので、ちょっと心配してたのですが、大丈夫そうですね。動く時が来たら、動くものなのでしょう。

私も出たいのに、なかなか調子が上がらず出られなかった日がありましたが、今年の春は漢方の煎じ薬も助けてくれるでしょうから、アレルギーの心配も少なくてすみそうです。

今の私、主婦業はほとんどしていないし(^^;)、家族の形態も世間とは違うし、何をやっている人か?と聞かれたら、「フリーの音楽家」と答えるでしょうね。

どんな音楽活動をしているのか・・は、これからなので、まあ、のんびりペースの亀の子歩きの音楽家ですが、若い頃がむしゃらに動いていたので、そんな生き方もいいのでは、と思うのです。

順調に動き出したら、またこのブログで報告していきたいと思います。

根拠のない「自信」

先日、ちょこっとご紹介したブログはヒーリングなどのお仕事をされているライターさんのブログでした。

http://plaza.rakuten.co.jp/writer/diary/200802110000/

「できる仕事しかこない」という内容でしたが、それは「自分にできる仕事が自分のところにやってくる」というようなことでしょう。

私にも思い当たることがあります。出来るかなあ、うまくやれるかなあ、と不安に思っていても、終わってみれば、なんとか出来た、なんとかやっていた、ということって、ありませんか?

無意識に自分にできることを選んでいるのでしょうか。不思議なのですが、それが自然の摂理なのかもしれません。だから、「自分にできることをやればいい」という、こと葉さん。

こと葉さんの文章を読んでいると、なんだかホッとしてきます。

おもえばブライダルプレーヤーの時代、最初の頃は自信がなくて「出来るかな?」の連続でした。でも、それに向かって練習し、準備してきたからでしょうか、なんとか出来たものだし、出来ないことは来なかったし、回避できた、という経験があります。

「できなかった」より「やらなかった」「努力を怠った」時には後悔することがありましたが、「出来なかった」ではなかったんです。

自分が引き寄せたことによって、できるようになっていた、という事のほうが多かったような気がします。

だから、自分ができることをすればいい、

そうなっているのかもしれませんね。。。と、大いに自信をもらった日記でした。

うん、人生って不思議。

出会いたいなあと思っていたら出会うし、こうなりたい、と願っていれば、いつの日か、それはかなうものだと思います。

こと葉さんによれば「根拠のない自信」だそうですが、まさに私が「根拠のない自信」で動いているようなものなので、とても共感させられた日記でした。

もうひとつ勇気づけられたこと

http://plaza.rakuten.co.jp/writer/diary/

     ↑

お友達が教えてくれたブログです。

2月11日の日記、すごくわかるような気がします。

心を込めて

先日、大人からピアノを始めた人と出会いました。ネットの中でですが。ここのブログも見てくださったようです。

私は小学校4年生くらいまで、当時はやっていたオルガン教室へ通い、たしか5年生の途中くらいまでピアノを習っていました。本当は弾くことが好きだったにもかかわらず、なんだかつまらなくなって途中でやめてしまいました。

ずっと聴くことはしていたし、短大の時にはクラシックギターもやってみたけれど、やはり鍵盤楽器が好きで、大人になってからブライダルプレーヤー養成教室に出かけました。そこの先生がハモンドオルガンを弾く先生だったので、今もあのハモンドの音色は大好きです。

ブライダルでは、だいたいヤマハのエレクトーンを弾くことがほとんどで、でも、家にある電子オルガンは別機種のものだったので、披露宴会場へ平日に出かけて練習したり、音色をフロッピーに入れて準備したり、しょっちゅうしていました。

それから、ピアノをやろうと思い、偶然にもジャズピアノの先生についた訳ですが、いきなりジャズ理論を習ったので、ボピュラーピアノをすっ飛ばしてしまった感じ。なので、今の教室では、ジャンルにあまりこだわらずに色々な曲をやっています。

で、私みたいな人はそんなにいないだろうと思っていたら、いらっしゃるのですねー、けっこう。大人からピアノを始めた人って。

しかも、セミプロなみ、いやプロになった方も少なくないようで、これには励まされました。子どもの時に”習わされる”のと違って、みなさん情熱をもって練習されるから、上達が早いのでしょう、きっと。

さまざまな人生経験から奏でられるピアノ。そこには、「こころ」があります。

長いことやっていると忘れがちになりそうなことを、もう一度教えてもらったような感じで、反省することしきり。

私も、心を大切に弾きたい、とずっと思ってましたから。もちろん、技術は必要だし、早くから専門教育を受けた人と比べるとハンディはあります。それでも、心を奏でるピアニストになることは可能なのだと勇気をもらいました。

いちおう私も、なんだかんだの人生経験はしているので、魂をこめて弾けば、伝わるのではないかな、なんて、そんなことを思わされた出来事でした。

弾き方 あれやこれや

ここのところ寒い日が続いています~~。ブルブルsnow

それでも雪は降っていないけど(昔はよく雪が降っていたような気がします)、暖冬に慣れてしまっているこの頃、寒さはこたえます。

ピアノを置いている部屋は北極のように寒い!penguin

エアコンをつければいいのだけれど、上から風がくるエアコン暖房は空気が乾燥して、どうも好きじゃないので、赤外線の扇風機型ストーブを足元に置いて弾きます。

きょうは打ち込みデータを使わずに素弾きで練習。もともとジャズ奏法からピアノを弾いてる私には、ソロピアノというのは弾きにくいのです。

その点、クラシックピアノ出身の人はソロピアノもなんのそので、うらやましいなぁ~と思うのですが、クラシックの人は、ジャズはノリが難しいとおっしゃいますね。私には、ソロピアノって、すごく気をつかいます。

リズムを自分でとり、タッチの響きもすべてピアノの音だけで表現するソロピアノ。

以前はエレクトーンを弾いていた私。リズムがあると断然のりやすいんです。

もともとジャズを一人で弾くにはどうしたらいいか?という所から始まったシンセでの打ち込み。カラオケではない自作のアレンジや音色の工夫。これを考えてシンセを買ったら、もうすでに私がやりたいことを初めていらしたのが今の先生でした。

それからはジャズに限らず、好きだった昔の洋楽も、J-popも、先生の手を借りながら打ち込みしてピアノと一緒に弾くのは、すごく楽しいです。

ただ、ジャズバンドの弾き方と、ソロでの弾き方は違っていて、ベースが入る場合はコードも転回形で弾くのだけど、ソロピアノはまた違う、私は転回形で弾いていることが多いので、その点も工夫しなければいけないし。

いずれにせよ、ずっと前に弾いていた曲、最近の曲、まだマスターしてない曲、いろいろ弾く曲がいっぱい。これから打ち込みしたい曲もあるし。。頭の中がまとまらないこの頃です。

ワークショップとプロフィール写真

先日、プロフィール写真を撮りに行ってきました。

その写真室、実は子ども用の写真室なんです。娘が小さい時にそこで撮ったことがあったので知っていて、「プロフィール用に」と、大人用の写真をお願いしました。

さすがにスタッフさん、子どもが不機嫌な時でもナイスショットを撮られるだけあって、声かけが上手です。赤ちゃんの写真の時は、泣いたらタンバリンを鳴らして、「はーい、こっち向いてー」。赤ちゃんも、にっこり。小さい子どもにも、「はい、ちょっと笑ってみてね」という感じなのです。

さて、私には・・・?

「緊張してますか? ちょっと笑ってみましょう。」「はい、おきれいですよ。今度はこちらを向いてみましょう」など。

「おきれいですよ」と言われて不機嫌になる女の人はまずいませんよね。さすが! 撮影した写真を映像で見れるのもそこの特徴で、そこから好きな画像を選べます。さあ、どんな写真ができてくるかな?

昨日は、プロミュージシャンが集まるワークショップに行ってきました。業界の話も聞けるというので、私の好奇心の虫が顔を出しました。

クラシックからジャズ、邦楽、オーケストラの団員さんまで、バラエティにとんでいて有意義なお話しを聞けましたが、私のほかは音楽大学の学生さんがほとんど。なんか一人、場違い?みたいだったけど、まあ、いいか・・と、主催事務局スタッフさんにご挨拶して来ました。

お茶や軽食もあって、生で演奏も聴けて、なかなか良かったです。

ちょっと刺激を受けたので、さあ自分もがんばらなくちゃ、と改めて思った日でした。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ