« メロディオンとポール・モーリア | トップページ | 「しゅくる」がHPにUPされました »

スポーツ選手に惹かれる訳

私は、なぜかスポーツ観戦が好きで、よくのめり込んでしまうのですが、そこには音楽家の精神と無関係ではないような、糸で結ばれるような感覚があるからだと思うのです。

練習に練習を重ねたアスリート達の姿。音楽には勝ち負けがないけれど、スポーツは勝敗がはっきりしているので厳しい世界。あきらめないその姿に勇気をもらうからかもしれません。

ピアノのある部屋の寒さに、つい練習もおっくうになってしまうこの時期、ついついスポーツ情報のネット鑑賞してしまいます。

ところで、マラソンの北京オリンピック代表枠があと一人になりました。まだ完全決定ではないけど、東京国際女子マラソンで、野口みずき選手が好タイムで優勝したので当確ラインだそうです。

私はシドニーオリンピックの時からのQちゃんファン。あの明るさ、真摯な人柄や、あきらめない姿に魅力を感じてしまうからかもしれません。

年だとか引退したほうがいい、とか心ないことを言う人も少なくない反面、やっぱりQちゃんが好き、という人も多いみたいです。(なんで、すぐ年のこと言うんでしょうねー、外国人選手なんて年齢のことなんて気にしないみたいだし、出産しても続ける人は多いらしいのに)

さて、北京に向けて必死の特訓を続けてきたであろう高橋尚子さん。Qちゃんが出るレースはあと2つのうち一つ。1月の大阪国際女子マラソンか、3月の名古屋国際女子マラソンだそうです。が、野口選手のタイムが早かった為に、どうしてもタイムを要求される、残り2つのうち、どちらかの優勝選手でも一人は出られなくなってしまう訳です。

私は名古屋に出るのではないかと思っていたのだけど、大阪で早いタイムを出されると後がなくなってしまいます。Qちゃんの決断は、どちらなんだろう、とすごく気になる私。

2年前、11月の東京国際女子マラソンで、猛然とスパート。復活優勝した時のQちゃんを見て大感激した私。マラソンを見て、あんなに感激したのは初めてでした。

Qちゃんの苦悩だった時期、私もそうだったからでもあります。「止まってしまった時計の針をもう一度動かしたい」「一度夢をあきらめようと思った私がまたがんばることで、今、暗闇の中にいる人も、けっして夢をあきらめないで」といったコメントは、口先だけのファンサービスなんかでも、人気とりでもなんでもなく、心からのメッセージなんだと共感したものです。

マスコミというものは勝手なもので、勝てば持ち上げる、負ければたたく、にわかファンも持ち上げてはたたく、これはスポーツに限ったことではないでしょうが。どんな選手も一生涯、絶頂期なんてことがあるはずがなく、調子のいい時も悪い時もあって当たり前なのにね。

悪くても2位、3位のQちゃん、3位で「惨敗」なんて書かれるのですから、それだけQちゃんへの期待も高いということでもあるのでしょう。

もう今、崖っぷち。それが案外、あのシドニーの時でも内定を決めたのは、直前の3月のレースだったそうです。それなら、もう一度、どちらでもいい、納得のいくレースをしてほしいです。「あきらめなければ夢はかなう、という走りを見せたい」というQちゃんらしいコメントが報道されています。たぶん、夢をかなえてくれるんじゃないでしょうか。そして、また私達に勇気をくれるんじゃないかな。

その姿を見て、また私も夢をあきらめないぞ!と思うことができるんです。がんばれQちゃん。

« メロディオンとポール・モーリア | トップページ | 「しゅくる」がHPにUPされました »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

私もスポーツ観戦、大好きです♪

実はまったくの運動音痴なので、
もっぱらインドア派のもやしっ子なのですが(笑)
見るのは好きなんです。

最近では、
音楽に合わせて氷上で躍動するフィギュアスケートの演技に感動したり、
マラソンで力強く走り抜けた女性選手に感動しました。

スポーツにも、音楽同様、リズムや、一連の動きの起承転結のドラマがあって、面白いなって思いますし、
ひとつの成果を残す、たくましいアスリートの姿からは、
なんだか勇気をもらえる気がします♪

スポーツと音楽、共通点が沢山あるように思います。音楽も、練習の積み重ね、根気強さが必要ですものね。演奏を終えた後、ゴールにたどり着いた時、スポーツ選手にも、音楽家にもその達成感の中にこれまでの並々ならぬ努力を感じます。それらが、勇気と感動を呼ぶんだろうなと思います。

私、相撲を結構見ます!この時期毎日のように夜中に大相撲ダイジェストビデオにとっても見ているの~

ほら、心技体というお相撲美学、これ何か音楽に通じるような気がして、気が入るというか・・・

一生懸命に、真摯に向き合って、心を磨いていくところが感動なのでしょうか~

>paris-akoさん

paris-akoさんもフィギュアスケート好きなんですね。あのスポーツは音楽もあるし芸術性も高いですもんね。
ちなみに私もスポーツ音痴で見るの専門です(笑)


>ちゃおさん

>音楽家にもその達成感の中にこれまでの並々ならぬ努力を感じます。

本当にその通りですね。
見ている人に伝わってくるんですね。音楽と共通ものがある、と思っていたのは私だけではなかったんだ~と、うれしいです。


>guricoさん

guricoさんは相撲ですか。私は見るのは少しなんだけど実家では皆よくみてました。なるほど相撲も精神統一というか、そういうものが必要ですものね。そこが音楽とつながるものがあるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メロディオンとポール・モーリア | トップページ | 「しゅくる」がHPにUPされました »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ