« あと少し | トップページ | もう秋 »

アルバイトと呼ばないで

エレクトーンのブライダルプレーヤーの勉強をしていた頃、先生がよく愚痴ってました。

「よくアルバイトっていう人いるのよね」

しゅくるの相方、yacoちゃんも、以前ピアノを子どもに教えていた頃、お母さんたちから「アルバイト」でもできたら・・・と聞かされるたび、「あれは、アルバイトではないですよ」と答えていたそうです。

素人さんならともかく、現在活躍中の音楽家たちの中にも、学生時代に結婚式でアルバイトで弾いていた、という台詞を聞くことがありましたが、それにはビックリ! アルバイト? バイト?

結婚披露宴って、新郎新婦にとって一生に一度のものなんですよ。何回も・・の人も多いですが、そういう問題ではなくて。たいていの人は、一生に一度あるかないかの大切な大切な思い出、記念日。

その人にとってはアルバイト程度の仕事でしかなくても、そんなつもりで仕事に臨まれるお客さんは迷惑でしょう。

あの仕事は、立派なプロです。

プロのブライダル演奏者です。

ギャラがいくらでも関係ありません。ちなみに今の師匠も、結婚式の仕事してらっしゃいます。それで食ってる人もいます。

音楽大学出身の人、有名○○スクール出身の人、留学経験した人たちや、ミュージックシーンの中にいる音楽家たちは、ああいう仕事を軽くみているんでしょうか。

アルバイトとは言わずに「仕事」と言ってほしい。ましてプロの音楽家が「バイト」なんて言うのを聞くと、ほんとにがっがりします。

これから目指す人にも、しっかりプロ意識を持って臨んでほしいものです。

« あと少し | トップページ | もう秋 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。何も楽器はやっていませんが、知り合いにプロの音楽家や目指している方がいます。どうやら「アルバイト」と言われるのは、音楽で生計をたてるまでに行かない、音楽活動が日常ではなく、時々しかない場合に言われてるひとが多いようです。
私は、音楽の仕事でお金をもらっている人は全て「プロ」だと思ってますが。音楽だけで食べていけるか、そうでないかで「プロ」「アルバイト」と使い分けてる気がします。
心の中にはきっと、音楽を大切にする気持ちは、プロもアマも変わらないと私は信じています。

こんにちは。バイトという言葉自体の響きの問題ではないかな?バイトという仕事形態でも、プロ意識でガンガンやっている方々もたくさんいらっしゃると思いますよ。ましてや音楽家としてやっていくとなると、誰かに雇われるという問題ではなくなるわけで、見方変えれば、プロほどバイトに近い?!と思う部分あります。

自分が大切にしているもので生計を立てている方ばかりでもなく、逆に「仕事」という響きは、時間さえこなせば報酬が入ってくるということを指す場合もあるわけで・・・大切なものがアルバイトであっても、その人には幸せだったりしますから、けっして一概にアルバイトを否定的に見ることはないと思うのです。

誰がどう思うかでなく、自分がどう向き合うかの問題だから、誇りを持ってやっていけばいいのですよ~って、私も自分を励ましてます笑

補足ですが、周りの音楽家の皆さんは、それぞれに目標を持ち、それに向かって日々努力をされ、そのための練習や勉強を積み重ねて前向きにお仕事をされていますし、音楽に真剣に向き合っています。
音楽が好きでやってる人、多くの人に音楽や楽器の素晴らしさを伝えたい人、やってるジャンルを聴いてもらいたい人、音楽を楽しんでもらいたいひと、目的もさまざま。
ブライダルのお仕事もりっぱなプロのお仕事だと思います。

ちゃおさん、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。
すべての音楽家がそうだと言っているのではないのですよ。
「アルバイト」という言葉のイメージの問題かもしれませんね。
学生さんなら学業が本業なので、「アルバイト」と呼んでもいいのかもしれない、それで生計を立ててなければ、それでいいのかもしれないですね。
私がブライダルの仕事をしていたので、その思い入れが強いのかもしれません。
ご意見ありがとう!
また、お越しくださいね。

guricoさん、いらっしゃいませ。

この仕事って、ほかの仕事と違って、雇用形態がはっきりしないので、意識面での誤解が起こりやすいのかもしれませんね。
アルバイト契約ならアルバイトでいいのですが、そういう雇用形態ではないし。
アルバイト=軽いということではなくて、その人一人一人の意識の持ち方かな。

コメントありがとうございました!またお越しくださいね。

またお邪魔してすみません。
そう、音大出身のかたも、留学経験者も有名スクールのひとも、時折結婚披露宴で「演奏をして欲しい」と依頼されてるようですが、心から祝福し、真摯な気持ちで選曲し、演奏されてるようでした。けっして、ブライダルのお仕事を軽く見てる人は、周りにはいません。音楽家として提供できる精一杯のことをしていますよ。少なくとも私の周りの音楽家は人に温かく、音楽に真剣に向き合ってる人ばかりです。ご安心ください。

こんにちは!
ちゃおさんの周囲の音楽家さんたちへの温かい眼差しが、こちらにも十分伝わってきましたよ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あと少し | トップページ | もう秋 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ