お知らせ

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:.

キューベースで作ったBGM音源といっしょに
ピアノやメロディオン(鍵盤ハーモニカ)の演奏を
しています♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

*この記事は常にトップに表示されています*

お知らせ

Yuppi's Piano Lifeをご訪問してくださり、ありがとうございます。

更新が滞りがちになっておりますが、最新のブログは
http://ameblo.jp/pianolife-yuri/ で、フィギュアスケートのこと、
音楽のこと、いろいろと更新しています。

音楽活動も地道に続けております。

そちらのブログで、これからもよろしくお願いいたします。

育休3年案に思うこと

あの後、男女共同参画セミナー&ハートフルコンサートは
無事に終わりました。

有意義な時間を過ごせてうれしく思っています。

さて今日はちょっと思うことのつぶやきです。

------------------------------------------------
安倍首相が打ち出した「育児休暇を3年へ」案。

「3年抱っこし放題」だとか言っているけど、私はちょっと違うと思う。

実際の話、育休をとって復帰した美容師さんに聞いてみても
「3年も休んだら仕事復帰できないと思う。」ということだった。

「この1年だと思うから育児を楽しめた」とも言っていた。

私も、3年も育児休暇をとらせてくれる会社があるのかどうか・・・
3年休んで自分の居場所があるのかどうか?

保育所の問題もあると思うし、何よりも首相の頭の中に
「3歳までは母親が育てるべき」という考えがあるように
思えてしかたない。

つまり「3歳児神話」の復活に繋がるのでは?と心配している。

少子化の原因は、子どもを産んでも働き続けることが難しいこと、
男性の働きすぎなどが原因なんじゃないの?

1年育児休暇をとっても女性が昇進できなかったり・・という問題が
まだ残っているというのに、逆効果ではないのか?

男性の働きすぎと、男性も育児休暇を取れるように経済界に
はたらきかけるのが本来では?

私の体験では、保育所に入れたいと思ったけど、働いていないと
入所できない(優先順位の問題)、でも働くには子どもを預かって
くれる所が必要、という矛盾で、保育所入所を1年待ち、募集定員が
増える3歳から入所した。

でも、その3歳になるまでの間、社会から切り離されたような孤独感、
早く働きたいという思いに苛まれた。

そして自分の時間が欲しかった。

保育所に入所してからも、子育てと仕事の両立の大変さに
二人目を諦めた。

二人目を諦めた途端に、「一人っこじゃ可愛そうよ」「二人目は?」
など挨拶がわりのように言われ続けた。

「夫婦と子ども2人」が標準になっていること、子育ては女の仕事と
なっていることが非常に苦痛だった。

それを考えると、安倍首相の少子化解消案は逆行していると
言えないのかな。

もっと多様な生き方、多様な働き方、多様な家族のあり方を
認めず、伝統的な家族を描いている安部さんの意識が
透けてみえる。
-----------------------------------------------------------

政治の話になると堅苦しくなるので、あまり書きたくないのですが、
橋下さんの発言といい、安倍首相の憲法改正案といい、21世紀に
逆行していると思うことが多すぎる、なんて色々と思うこの頃です。

もうすぐライブ

4月14日のトーク&ライブまで、あと4日と迫ってきました。

なんとなく煮詰まっていて練習がはかどらなかったのですが、
間近になってようやく調子が出てきました。

第1部でのワークショップも、とても楽しみです。

そして第2部での私。演奏の間のトークは、あらかじめ
考えてはいますが、その時の気分で何をしゃべるか
わからなかったりして・・・・happy01

何よりも、参加してくださる人に少しでも伝わったらいいなあ
と楽しみにしています。

アンチ織田選手の方へ

何をブログに書こうとブログ主の勝手です。

好きな選手、キライな選手がいるのも自然です。

ただ、某関西ローカルの動画を見たくなければ、わざわざそれを見て
ブログで特定の選手を誹謗中傷することは避けてほしかった。

それもかなり長い動画です。

私なら興味のない動画はまず見ません。

私は例えばK・Y選手やPチャンの採点問題なら書きますが、
それでも興味のないK・Y選手の動画など見る気もしません。

こんな記事を書くことは滅多にないのですが、これは放っておくことは
出来ないと思い、書かせてもらいました。

ババリアンオープン2013 織田選手動画

待つこと2ヶ月。ついにババリアンオープンの動画があがりました。

http://www.youtube.com/watch?v=bYNQVOFjVZA


織田くんの神演技です!

ぜひ見てください。

ライブのお知らせ

Yuppi2013
上記の通り、4月14日(日)午後2時~ライブを開催します。

今、予定している曲は

おいしい水
マイ・フーリッシュ・ハート
愛は夢の中に
川の流れのように
ブラジル
ほか・・・・・

軽量キーボードを持参してDTMで打ち込んだBGM音源を
バックにピアノ演奏します。

トークは今、考え中ですが
私が子どもの頃にやめてしまったピアノへの思いが忘れられず、
大人になってから再開したこと。
しかも結婚後に音楽を再開したので、
音楽と結婚生活・仕事・子育てとの両立は想像以上に大変でした。

そんなエピソードを中心に、女性と男性が対等な関係であって
くれたらいいな、という思いも込めながらトークと演奏をしたいと
思っています。

第1部では、カウンセラーの的場かの代さんにワークショップを
お願いしています。

ぜひぜひ4月14日は、加古川市男女共同参画センターのセミナールームへ
足を運んでみてください。

お申し込みは、東播磨生活創造センター「かこむ」
TEL 079-421-1136
FAX 079-421-1148 へ。
お名前、年齢(○歳代)、ご連絡先をお伝えの上、
お申し込みください。

1人でも多くの方の参加をお待ちしておりますheart04

バヴァリアンオープン優勝おめでとう!!ー織田選手ー

4大陸選手権で女子が表彰台独占のニュースで沸いた昨日ですが、
その一方で、ドイツではバヴァリアンオープンという国際大会で
織田選手が優勝、中村健人選手とワンツーフィニッシュを飾りました。

結果はこちらです。

http://eiskunstlauf.bev-eissport.de/BO2013/CAT001RS.HTM


そしてプロトコルはこちら。

http://eiskunstlauf.bev-eissport.de/BO2013/BO2013_SeniorMen_FS_Scores.pdf

ストリーミングもなかった中、ひたすらツイッターでタイムラインを追い、
「織田選手、優勝です」という呟きが出た瞬間、タイムラインは歓喜の声であふれました。

織田くんはSPでは2位だったものの、FSでは4回転トゥループを2度成功させ、
後もほぼ完璧な演技だったようです。

プロトコルを見たら、その凄さがわかります。
加点の嵐ですね。

「魔法使いの弟子」の完成形が実現できたこと、本当に嬉しいです。
国体ではSPで完璧な演技、そしてこの大会でFSの神演技!

これが全日本で出来ていたら・・という声は置いておいて、本当に
素晴らしい演技で今シーズンを締めくくれたこと、来季に希望が持てたことが
嬉しいのです。

これで4大陸選手権に織田くんを選ばなかったスケ連を見返してやりましたね。
4大陸でもしこのスコアだったら、織田くんが優勝でした。

国際B級大会だからだとか、4大陸だったらこの演技が出来ただろうかとか、
メンタル面が弱いとか、いろいろと意見があるでしょうが、
私は彼がメンタル面が弱いとは思いません。

彼は昨季、怪我でシーズン後半を休養に充てていたのです。
全日本には間に合わなかっただけの事です。

○○テレビの放送を見ていたら、まるで日本の男子は3人しかいないのか
と思うような編集の仕方。

たくさんの有望な選手がこうして国際大会で頑張っていることを、織田くんが
今回、代表を逃したことで私も初めて知りました。

(いつも織田くんは世界選手権の代表だったので)

とにかく優勝おめでとうございます!!
中村健人くんも銀メダルおめでとうございます。

そして来季、織田くんの夢が必ず叶うと信じています。
そう、ソチでメダルをとること、世界選手権でも!

現役の集大成を飾るシーズンになりますように。

冬季国体は信成ワールド

冬季国体の成年男子で織田選手が個人優勝し、居住地の大阪府も3位に入りました。

私はストリーミングで見ていたのですが、SPは完璧な、ほんとうに完璧な
演技で織田くんは、ガッツポーズ、そして嬉し涙の演技になりました。

素晴らしかったし感動しました。パソコンの前で拍手を贈りました。

得点は、国内の参考記録ながら織田くん自己ベストの92.29でした!

翌日のフリーは仕事で見られなかったのですが、やっぱり素晴らしい演技だったそうです。
ただ朝の練習で足を捻挫した為か、4回転の予定が3回転になったそうですが、
それでも後は圧巻の演技でした。

(動画があるのですが、限定公開ということでリンクをはずさせていただきました)

とても捻挫していたなんて思えない演技でした。

参加メンバーから考えても優勝は当然かもしれません。

でも、その「勝って当たり前」の状態でプレッシャーがかかるのも
また当然。それを乗り越えた織田くんはまた一つ強くなったような
気がします。

同時にこの日、来季で引退の報道が出ましたが、
「来季で引退」報道よりも先に「国体成年男子個人優勝」を
まず伝えてほしいものです。

私たちファンはソチ五輪シーズンで引退することは本人も
前から言っていましたから知っていましたが。

あと1年余り。

それを思うと寂しくて泣いてしまいそうになります。
でも、彼ももうすぐ26歳なので次の五輪までは
難しいのはよくわかります。

ひたすらツイッターで彼の情報を追う日々。
ツイッター仲間が出来たことも本当に楽しくて。

今季はあと1試合、ドイツでのババリアンオープンという試合に臨みます。

まずは足をしっかり治して、そしてまたスタンディングオベーションが
出るような演技をしてほしいものです。

明けましておめでとうございます。

ひさしぶりの更新です。

昨年は年開け早々、このブログの過去記事を見てくださった
大阪府寝屋川市の男女共同参画センター「ふらっと ねやがわ」さんから
メールをいただいて、3月にトーク&ライブに出演させていただきました。

1月には兵庫県加古川市でセミナー&ハートフルコンサートを行い、
4月には加古川市でのロビーコンサートにも出演させていただきました。

さてさて、今年もまた男女共同参画セミナー&ハートフルコンサートを
4月14日(日)に加古川市男女共同参画センターにて開催します。

今、チラシデザインをお友達にお願いしているところでワクワクしています。

セミナーは、講師をお呼びして「私らしさ、生きがたさ」をテーマにしたワークショップを、
トーク&ライブは、性別役割分業をテーマに私が担当します。

兵庫県西部はまだ男女共同参画が阪神間に比べると進んでいないので、
ジェンダーという言葉もあまり浸透していません。

その場所でのこのイベントも5回目を迎えます。

わかりやすい言葉を使って、体験談を織り交ぜて話すつもりですが、
少しでも1人でも多くの人に伝わるとうれしいな、と思っています。

お正月は新しいキーボードにスピーカーを繋げて曲の練習をしています。

そんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします。

FPUからのご報告

「フィギュアスケートの採点システム改善へ向けての行動を嘆願する署名」を
FPU主催で展開していましたが、ひとまず9月末でとりまとめて日本スケート連盟へ
役員が提出してきました。

2400票以上の署名をいただき、コメント欄にもびっしりと思いを伝えて
いただいたものです。

日本スケート連盟専務理事の天野好人氏とお会いすることができて
お話も伺えたそうです。

その様子が、FPU公式ブログ
http://fpu1.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-bdfb.html
にて報告されていますので、ご覧ください。

署名してくださった方にお礼申し上げます。

また、署名は期間延長しておりますので今後もご協力をお願い
いたします。

«ツイッター情報ってすごい!

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンク

無料ブログはココログ